【どうして、『セルフ』で出来ることを求めるのか?】

こんにちは!

ストレングス&コンディショニングコーチの川﨑 章広です!


私のある『想い』をシェアいたします。

一般の方からアスリート、指導者、治療者、整形外科医、外科医、
『自分の健康の為』、『パフォーマンス向上の為』、『ストレングス&コンディショニングの指導の向上の為』、『患者さんを本当に思いやるお医者さんが出来る患者さんの為のアドバイスの為』、そんな目的がある方、全ての方達に読んで頂けたら嬉しいです。


【どうして、『セルフ』で出来ることを求めるのか?】

『自立』し、『責任』ある人を増やすためです。

そして、私は、『あなた』自身そうであって欲しいと願うからです。


極端な質問かもしれませんが、
もし、『あなた』がこの地球上に一人しかいなかったらどうしますか?
これは、そういうことに近いかもしれません。


誰かに『何かをしてもらう』ということは、『受身』であって、
そこから、『自立』も『責任』も生まれませんよね。

そして、いつの日か『人のせいにする』ことを覚えるでしょう。
これは、『人の人生』と一緒のことではないでしょうか。

『あなた』が全てを出来なくてはいけない、とは言いません。

でも、日頃から自分の体調や身体のことを知っていたら良いのではないか、ということです。
『あなた』自身、自分の身体を『知りたい』、自分の身体に『何か良いことしたい』と『能動的に』なることは大切なんだと信じています。

人に触られて、人に診てもらって初めて『へぇ~わたしってそうなんですか~』では、ちょっと違うと思うんです。
『じゃぁ、その人が居なくなってしまったら?』


米国で、4年で5,000セッション以上、延べ600人も越えるお客さんを観ていた時、私はいち早く、お客さんを私から『卒業』させようと想い、仕事していました。
なぜなら、私は日本から来た人間、『いつか日本に帰らなければいけない日が来る』と知っていたからです。
同時に、『学んだことを日本に還元したい』と強く感じていたからです。

お客さんは、ウクライナ人、スペイン人、アメリカ人、レバノン人、インド人、タイ人、イギリス人、イタリア人、アイリッシュ、フランス人、コロンビア人、韓国人、日本人、など世界中からでした。

ですので、お客さんが『私が居なくても、お客様自身で出来ることを伝える』、これは私の中での最低条件でした。
私から、いち早く卒業してもらう。そうする事によって、彼らの人生の質も上がります

なにより、『どうしたら改善できるようになるのか』、『その原因をあなた自らで追究でき、それを予防できる』ようになってもらうこと。


これを読んでいただいている『あなた』にも、そうあってほしいのです。
あなたにこそ、身体のことをしっかり理解して、なにか異常があったときには、あなた自身でその専門医にいけるくらい、あなたの身体のことを理解できているレベルになっていただきたい。

それが、『自立』であり、『あなたの身体』に対する『責任』なんだと想います。
そこに繋がるのが『セルフ』、自身であなたを『知る』ことであり、『セルフ』でこそ『身体をより理解できる』んだと強く感じています。


【YAMUNAじゃなければ、ダメなのか?】

本当は、『なんでもいい』と思ってます。
それを行なうことによって、『あなた』が『身体の状態を把握でき』、『セルフ(自身)で改善できる』のであれば。

典型的な例として、YAMUNAとフォームローラーとを比べて説明することが多いですが、どちらが『良い、悪い』と言っているわけではありません。
なんでも、『できること、できないこと』を理解することが大切だということです。

さらに言えば、『できること、できないこと』を『理解して使い分けること』が特に大切だと思うんです。

お客様によっても、バランスが取りずらい方がいればフォームローラーを使用することがあります。腿の外側、大腿筋膜張筋や腸頸靭帯をリリースするときは、フォームローラーですと本当にバランスを取りやすいです。また、人にもよって扱いやすさはフォームローラーのほうがYAMUNAより良いという方もいらっしゃると思います。コレクティブエクササイズなどで、脊柱を頭から背中まで真っ直ぐに保ったまま行なうエクササイズなどにも、フォームローラーはとても有効的に使うことも出来ます。

『大切なこと』は、それを『何の目的で』『何のために』使っているかということだと思います。

それをふまえても私は、『セルフメンテナンス』を行なう上で、使い勝手の良いのは『YAMUNA』だと感じていますので、ここでは、YAMUNAを紹介させて頂いております。

私がYAMUNAをお勧めする大きな理由は、『一つ一つがルーティン化して、そのエクササイズをすればそれだけの効果がある』こと、そして、『わかりやすい』こと。つまりは『再現性がある』ということです。

『ルーティン化』されているということは、誰もが『いつでも、どこでも』再現可能ということです。

他にセルフで出来る『フォームローラー』や『MELT』とは違って、解剖学的に考えられてつくられた『ヤムナボール』は、『360度、構造的にアプローチ』が可能です。

特に『胸、恥骨周り、股関節、脇腹、肋骨付近』を、『YAMUNA』では無理なくアプローチしやすいのです。

また、その日の体調、年齢、骨の強さ、行なう体の部位などに合せて、それぞれのボールの表面素材、大きさを選んだり、硬さの調整をしたりすることによって、さまざまな状況に対応できます

そしてなにより、『筋肉のリリースをすぐに感じる即効性がある』、『効果の持続性が長い』というメリットがあります。

こういった理由で、身体全般のセルフケア、老若男女すべての方に『YAMUNA』を推奨させていただいております。



【Upcoming Events】


ヤムナでからだ軽~く♪頭スッキリ! ~姿勢改善編
34865_normal_1447912293_からだ軽~く頭スッキリ姿勢


ヤムナでさよなら腰痛!さよならひざ痛! ~関節痛予防編
34960_normal_1447936036_ヤムナセミナー腰痛ひざ痛


お申し込みはこちらから


是非、『自分の健康の為』、『パフォーマンス向上の為』、『ストレングス&コンディショニングの指導の向上の為』、『患者さんを本当に思いやるお医者さんが出来る患者さんの為のアドバイスの為』、そんな目的がある方、全ての方々、ご参加ください☆

一期一会。

お会い出来ることを楽しみにしております☆



Enjoy your life!!!

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"





Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Profile

Aki

Author:Aki
こんにちは、川﨑章広(かわさきあきひろ・通称AKI)です。

詳しいプロフィールはこちら

ストレングストレーニングをより効果的に行なう為のコンディショニングトレーニングの重要性もしっかり伝えることの出来る、ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチを目指すべく、本拠地NYで取得したヤムナ®ボディローリングの資格も持った、S&Cコーチです。

日本でパーソナルトレーナーとして活動後、単身アメリカへ留学。
アスレチックトレーニング、理学療法やストレングストレーニングを勉強している道中、ニューヨーク発祥のボールをつかったストレッチやローリング法「ヤムナボディーローリング」(YBR)と出会う。
アラバマ大学バーミングハム校(UAB)エクササイズサイエンス学科卒業。

身に付けた技術を武器に米国国内のアスリート、プロフィジーク&フィットネスモデルやプロバレエダンサーを中心に活動してます。

また、一時帰国中は日本国内のラグビーチーム、プロシューター、プロキックボクサー、芸能、シンガー(歌手)、モデルやバレエダンサーをも指導しながら、マッサージ、治療院やクリニックなどでのセミナー、講習会を指導者対象に行ってフィットネス業界、トレーナーの育成も積極的に行っている。

更に、『日本の健康寿命を延ばす』ために、自身のトレーニングも続け、新たな自重トレーニングの考案&プログラム作成にも日々力を注いでいる。

List of all posts

全記事リスト

Latest journals
Category
Tag Cloud

by TopNTagCloud
Welcome!!
Calender
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Search form
Mail Form

Name:
Email Address:
Subject:
Message: