S&C Training: バトミントン男子 『Will be there』

こんにちは!

ストレングス&コンディショニングコーチの川﨑 章広です!


今日も暑かったですね~

日本の Golden Age 育成。

日本のゴールデン世代のレベルを上げるべく、

今日は、友人が働く埼玉県の高校でS&Cのトレをさせて頂きました☆

DSC05048edited.jpg


水分をコマ目に摂る。

バトミントン部男子、

とても湿度の高い、暑い体育館の中で、

良く最後まで動いていました☆


昔は、水分を摂らないで部活をするようなこともありましたが、

水分は、本当に10~15分くらいで、

ちょこちょこ水分補給を入れておきました。

DSC05030.jpg

股関節周りを重点的に。

バトミントンは、利き脚ばかりに負担がかかるスポーツ。

脚を思いっきり開いて、

ランジポジションでシャトルを拾い、

そこからすぐに次の動きが多い。


股関節周りの筋肉に刺激も。

DSC05031.jpg

身体の構造上、機能解剖学的に考えても、

太腿の後ろ・前&内・外の筋肉は、

股関節をまたぐ筋肉が多い。


怪我を予防するために、動きを作る。

DSC05032.jpg

怪我だけを予防するわけではなく、

パフォーマンス向上の為にも、

動きが出るように、その動作が出来るように、

関節周りの筋肉とその動きへのアプローチをしていく。


ただストレッチを入れるのではない。

股関節周りの筋肉達へのアプローチ、

大腿四頭筋、ハムストリングス、内転筋群、外転筋群、

深層外旋六筋含む殿群、腸腰筋、その他の筋肉たちの

ダイナミックな動きを出す為のダイナミックなストレッチを。


写真では、動いているのはわかりませんが、

一つの動きを20回ずつ入れて、

深さを変えて、動きの幅や面を変えて、

およそ10種目以上の股関節のダイナミックストレッチを行ないました。


自重で鍛える。

DSC05036.jpg

バトミントンでは手&肩関節周りも良く使います。

部活の合間にも出来るように、

ペアで出来る自重のトレーニングをシェアさせて頂きました☆

DSC05043.jpg

肩関節のStabilityにも使えるし、

身体のコーディネーション&体幹強化にもなります。

もっと、コアトレーニングも入れていきました。

DSC05040.jpg

日本語では、ブリッジ。英語では、Plank (プランク)といいます。

コアトレーニングも時間はありませんでしたが、

10種くらいは出来たかと思います☆


本日もサーキットトレーニング、レッグサーキットを入れていきました☆

DSC05037.jpg

サーキットは、己を知るためのもの。

タイムトライアルで、毎回自分を越えるために、

そして、今の自分を知るために行なう☆


DSC05038.jpg

また、レッグサーキットは、己をプッシュするもの。

今日は、3種目を20回、3セット。

出来るようになれば、

ノーインターバルで、3種目を5セット、6セットやりたい☆


人生論を説く。

DSC05042.jpg

トレーニングと人生は、同じ。

全てに意味がある。

どうして、この高校に入ったのか。

この先何がしたいのか。

どうしてストレッチ、ウォームアップをするのか。

どうして、正しいフォームでエクササイズを行なうのか。

全てに意味がある。


What got you here, will not take you there.
あなたをここに導いたものは、あなたをあそこには導いてくれない。

どういう意味だと思いますか?


そういうことです。

同じことをしていては、何も変わらない。

そりゃそうですよね?

『ここ』 にいるのは、『それ』 をしたから。

『あそこ』 に行きたければ、『あれ』 をすればいい。


『ここ』 にいるから 『あそこ』 にも行ける。

ただ、大切なのは、『ここ』 にいるから 『あそこ』 にも行ける。

今まであなたがしてきたことがあるから、

あたなは次に進むことさえだって出来るということ。

これは、胸にしまっておいて頂きたいことです☆


『いま』 が 『過去』 も 『未来』 も作り出す。

最終的にはあなた次第なんですが、

今のあなたを作っているのは、過去のあなた。

では、未来のあなたを作るのは、今のあなた。


ということは、あなたの 『いま』 が過去をつくり、

あなたの 『いま』 が未来を作るということ。


What got you here, will not take you there.
あなたをここに導いたものは、あなたをあそこには導いてくれない。

つまり、あなたを 『あそこへ導ける人』 は、

あなたの為に、次のことを生かせる人なのではないかと想います。


『3C → ちゃちゃちぇ』

『Chance』
チャンスをものにできるか。チャンスをチャンスと想えるか。

『Challenge』
チャレンジできるか。勇気があるか。

『Change』
変わることが出来るか。変れる自分でいるか。


こんな人なんだと思います。


私も日々精進していけるよう、

アンテナを張って、『チャンス』 に気がつけるように、

また、そのチャンスに 『チャレンジ』 できるように、

さらには、チャレンジして自分をより良く 『チャンジ』 できるように。

日々精進していきます☆



また、今日の出会いに感謝して☆



Enjoy your life,

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"




Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Profile

Aki

Author:Aki
こんにちは、川﨑章広(かわさきあきひろ・通称AKI)です。

詳しいプロフィールはこちら

ストレングストレーニングをより効果的に行なう為のコンディショニングトレーニングの重要性もしっかり伝えることの出来る、ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチを目指すべく、本拠地NYで取得したヤムナ®ボディローリングの資格も持った、S&Cコーチです。

日本でパーソナルトレーナーとして活動後、単身アメリカへ留学。
アスレチックトレーニング、理学療法やストレングストレーニングを勉強している道中、ニューヨーク発祥のボールをつかったストレッチやローリング法「ヤムナボディーローリング」(YBR)と出会う。
アラバマ大学バーミングハム校(UAB)エクササイズサイエンス学科卒業。

身に付けた技術を武器に米国国内のアスリート、プロフィジーク&フィットネスモデルやプロバレエダンサーを中心に活動してます。

また、一時帰国中は日本国内のラグビーチーム、プロシューター、プロキックボクサー、芸能、シンガー(歌手)、モデルやバレエダンサーをも指導しながら、マッサージ、治療院やクリニックなどでのセミナー、講習会を指導者対象に行ってフィットネス業界、トレーナーの育成も積極的に行っている。

更に、『日本の健康寿命を延ばす』ために、自身のトレーニングも続け、新たな自重トレーニングの考案&プログラム作成にも日々力を注いでいる。

List of all posts

全記事リスト

Latest journals
Category
Tag Cloud

by TopNTagCloud
Welcome!!
Calender
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Search form
Mail Form

Name:
Email Address:
Subject:
Message: