『イベント = きっかけ』

こんにちは!

ストレングス&コンディショニングコーチの 川﨑 章広 です!


先日、都内で、

『自然治癒力を高めるセルフボディメンテナンス方法 Part. 2』
〜正しいアライメントとポスチャー(姿勢)編〜


と題して、ワークショックを開催しました。

2015-5-27 Yamuna
(また素晴らしいグループでの集合写真!!)


当初は、スタジオの大きさの関係上、8名を予定していましたが、

定員オーバーの11名の方にご参加いただきました!!


今回は、パーソナルトレーナーの方、理学療法士の方、バレエの先生の方、

エアロビクスインストラクターの方、ピラティスインストラクターの方、オフィスで働いている方、

現役大学生(ハンドボール選手)などなど、様々な職種の方にご参加していただけました!


今回は、平日にもかかわらず、お仕事を有給を取ってまで再受講していただいた方や、

この日の為に、スタジオのクラスに代行を立てて頂き、

また受け持っていたクラスをその前日に行なって講習会に時間を作ってくださった方、

とても嬉しく、終始、幸せな気持ちで進めさせて頂きました!

本当に、ご参加有難う御座いました!


Sideline routine (Upper)
(落ちた肋骨を広げるための、サイドラインルーティン)

Abdominal routine 2
(全ての方に、特に腰痛の方、仙腸関節の詰まり、坐骨神経痛を持っている方、
ストレスを溜めやすい方の為のアブドミナルルーティン)


TFL to IT band routine
(歩行時や普段から、過筋張筋として名の知れる、太腿外側の筋肉、
大腿筋膜張筋やIT bandのとれる座ったまま出来る、TFL-IT band ルーティン)


Spine routine
(背骨一つ一つにあるべきスペースを、ストレスを感じたり、
身体に疲れを感じている方へお勧めのスパインルーティン)


Sternocleidmastoid muscle
(猫背から来る頚の筋肉の過緊張、アブドミナル、サイドライン、チェスト
ルーティンと一緒に、胸鎖乳突筋&斜角筋のルーティンで過緊張を解きます)



定員オーバーで少しスタジオが狭く感じたかもしれませんが、


皆様に 『日頃』 から 『身体の声』 を聞き何をすべきか、

セルフメンテナンスの重要性、自然治癒力の高め方をシェアできたのであれば嬉しいです。



また、私はいつも、

『イベント = きっかけ』

であればと願っております。

ワークッショプにイベントとして行なっていることが、

私達が行なっているワークッショプを通じて、

普段からお家でもお仕事場でも

ご自身で行なって頂ける 『きっかけ』 になって頂けたのなら更に嬉しいです!




『どうしてコンディショニングに力を入れて活動しているか』

持論ではありますが、私自身、ストレングス&コンディショニングとして活動していますが、

日頃から感じることがあり、コンディショニングの重要性を訴えるようになりました。


それは、ストレングストレーニング(いわゆる、筋トレ)はするけれど、メンテナンスはしない。

ストレッチしても、効果が出ているかわからないからしない。

まだ、若いしコンディショニングいらないかと思うからしない。

ストレングスだけしていれば、身体強化できてるし怪我しないからしない。

などなど、聞いたことあります。


では、実際どうなんでしょうか?

私も、友人同様、いつも身体の説明の時は 『車』 でさせて頂いてます。
(皆様も普段から使っているので理解してもらいやすいので)

車って、新車で買って、ずっと何もせずに廃車になるまで走り続けられますか、ということです。

色々、メンテナンスが必要ですよね?


では、どうして人間がメンテナンスなくして、怪我や病気無しで生きていけますか。

と、質問が出てきます。


稀に、一生なのも怪我も病気もしなかった人は居るかもしれませんが、

殆どの人が、人生一度は、風邪ひいたり、擦り傷、骨折、脱臼などしたことがあると思います。

その時に何をしますか?


ということを頭に入れて、『車と人間の身体』 に当てはめていきましょう。

今回説明の抜けた、『動作評価』 や 『人間ドック』 が、

それこそ 『車検』 になります。


『オイルチェンジ』 などのチェックアップが、

『定期的な治療、診察』、歯で言えばクリーニング(歯石取り)など。


また、日々の 『セルフメンテナンス』 が、

車の日々の 『エンジン音チェック』『空気圧チェック』 になるんだと思います。


突然の頚の寝違いや腰部下部の過緊張のぎっくり腰では

(車のタイヤがパンクしていたら)走れないですものね。



コンディショニングには、様々なものがあります。

ストレングスにも色々なものがあります。


いま、自分がやっているストレングストレーニングとコンディショニングの比率を考えてあげてください。

どのくらい身体かコンディショニングを必要としているか、身体の声を聞いてあげてください。


身体の声を聞くことが出来たのならば、今すべきこと、身体の必要なことが自然と見えてくると思います。


これは、セルフメンテナンスで今回ご紹介したものだけではありません。

身体の欲するもの、食事もそうです、心のメンテナンス、音楽を聴くこともそうです。


身体の欲するものを、そのタイミングで身体にしてあげれるように、

身体の声を聞いて、身体を労わってあげてください。


だからこそ、

ストレングストレーニングとコンディショニングのバランス

がとても大切だと強く思うんです。


全てが大事、だから今何をすべきか、身体の声をしっかり聞いてあげれるように、

そんな人たちがこの世界にもっともっと増えることを願って、イベント活動していきます!



最後に、

日本で、講習会、ワークショップを行なう度に感じることのシェアです。

本当に、向上心溢れる熱意ある、素晴らしいグループの皆様と

素晴らしいお時間を共有出来、とても嬉く、幸せです♪

 


最後の最後に、

Special Thanks to ごっきー

いつも突然の思いつき、投げかけにも関わらず、

一緒に、イベント企画、告知、本当に有難う御座います!

今回の一時帰国、本当に、ごっきーのお陰で、

日本でとても有意義な、超充実した時間を過ごさせて頂いてます!

本当に、本当に、ありがとう。。。

Meat at dinner after workshop
(上野の 『とらじ』 の焼肉、美味しかったね♪)

Dinner after workshop
(ナイスなディナーのあとの一枚♪)



Enjoy your life!!

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!"





Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Profile

Aki

Author:Aki
こんにちは、川﨑章広(かわさきあきひろ・通称AKI)です。

詳しいプロフィールはこちら

ストレングストレーニングをより効果的に行なう為のコンディショニングトレーニングの重要性もしっかり伝えることの出来る、ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチを目指すべく、本拠地NYで取得したヤムナ®ボディローリングの資格も持った、S&Cコーチです。

日本でパーソナルトレーナーとして活動後、単身アメリカへ留学。
アスレチックトレーニング、理学療法やストレングストレーニングを勉強している道中、ニューヨーク発祥のボールをつかったストレッチやローリング法「ヤムナボディーローリング」(YBR)と出会う。
アラバマ大学バーミングハム校(UAB)エクササイズサイエンス学科卒業。

身に付けた技術を武器に米国国内のアスリート、プロフィジーク&フィットネスモデルやプロバレエダンサーを中心に活動してます。

また、一時帰国中は日本国内のラグビーチーム、プロシューター、プロキックボクサー、芸能、シンガー(歌手)、モデルやバレエダンサーをも指導しながら、マッサージ、治療院やクリニックなどでのセミナー、講習会を指導者対象に行ってフィットネス業界、トレーナーの育成も積極的に行っている。

更に、『日本の健康寿命を延ばす』ために、自身のトレーニングも続け、新たな自重トレーニングの考案&プログラム作成にも日々力を注いでいる。

List of all posts

全記事リスト

Latest journals
Category
Tag Cloud

by TopNTagCloud
Welcome!!
Calender
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Search form
Mail Form

Name:
Email Address:
Subject:
Message: