どうして人間は人間になれたのか?~How humans became human-beings?~

こんばんは。

ストレングス&コンディショニングコーチの 川﨑 章広 です。

今日は、


『どうして人間が人間になることが出来たのか?』
"How Humans became human-beings?"

についてお話ししていきたいと思います。

Human-migration-map.jpg     
Migration Heritage Center, NEW SOUTH WALES)

How humans became human-beings, how humans started talking, how humans made tools, and how only human-beings could started sharing foods, livings and other things with other human-beings. Moreover, how money was created and occupations were born... Only "human-being" creatures possess a lot more of abilities than any other animals do.

生き延びるために、

『共有する』、 『助け合い』

ということを学ぶことが出来たから。


まず、難しい話は無しにして、

人間がどうやって最終的に人間となり、

言葉が話せたり、道具を作ることが出来るようになったのか、

また、どうして人間だけがものを共有することが出来るのか。

どうやってお金が生まれ、職業が生まれたのか。


『人間』 という生き物は、本当に他の動物には無い能力が沢山備わっています。


人間 = ホモ・サピエンス

PrimatesTree.png


まず、ネアンデルタール人とホモ・サピエンス(人間)は動物の最後の枝分かれまで似通っていました。

ところが、最後の動物の枝分かれで、

ネアンデルタール人とホモ・サピエンスと別れたのです。


では、『どうして』 なのでしょうか?

それは、身体の大きさと生存能力の違いだとも言われています。

ネアンデルタール人は、身体がとても大きく 2m 以上で筋肉質であったといわれています。

それ故、狩や食料集めも力任せで、丸太のような木を振り回して食料を集めていたと言われています。


The Homo sapiens survives till now because they learned "cooperation"and "sharing" for clothes, foods, and livings.
The human ancestors prevented from eating up food at one certain place while moving to a different place to stay and to survive. Therefore, the human-beings must have done "sharing" and "helping each other" in order to "coexistence."

Does this tell you all the answers for "how humans became human-beings" if you believe or not?

The ancestors of the human-beings have already understood these important things from now on hundreds of millions of years ago. And, these things have not been changed for the human-beings now. When we now live on the same ship, so there are no reasons to fight each other to make a hole in our ship is called the earth.
Now we just have to take seriously to do something for others and more importantly for this EARTH with the minds with "coexistence" and "cooperation."



また、ホモ・サピエンスは、

対格差では勝てなかったネアンデルタール人の存在を知り、

飛び道具や罠などを用いて、食料を調達していたと言われているのです。

また更に、氷河期が訪れ、地球上での生存が困難になった時、

ホモ・サピエンスは、生き延びるために、

『共有する』、 『助け合い』

ということを学びました。


同時期に、ホモ・サピエンスは食料を求めて、

移動しながら食料を食べ尽くさないようにしていたとも言われています。



自分達、人間の先祖は、

『分け合うこと』、『助け合うこと』、『共存』 をしなければ

生きていけないということを既に理解していました。


これが、『人間がどうして人間になれたのか?』 の答えなのではないでしょうか?


これからも、今も大切なことを、何億年前に既に先祖はわかっていた。

同じ船の上で生活しているのだから、争っている場合ではない、

船に穴を開けるようなことをしている場合ではない。

『共存』 という、『助け合い』 ということを

肝に銘じてこの地球の為に出来ることをしていきたい。


少し脱線すれば、『農業』『伝統的な技術』 も大切に、

子孫にも伝えていくべきことだと強く感じる。

歴史に浸る必要は無いが、生きるための術を、

先祖が残してくれた。

それを、子孫に残していくことが私達現代人の役目だと感じている。


今日は、いつも思っていることをシェアさせて頂きたく

ついついこのような内容になってしまいましたが、

読んで頂き、自分達ができる小さなことから地球を守り、

子孫の為になることを一緒に出来たらと思っています。


その為に、先祖のやってきたことを見つめなおし、

子孫の為に何が出来るか、

常に考えて生きて生きたい。


まずは、笑顔で、自分だけはどんな時でも笑顔でいること

幸せを周りに伝えていくこと、そこから。

地球を変えたい、皆を笑顔にしたい。





Enjoy your life!!!

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"





Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Profile

Aki

Author:Aki
こんにちは、川﨑章広(かわさきあきひろ・通称AKI)です。

詳しいプロフィールはこちら

ストレングストレーニングをより効果的に行なう為のコンディショニングトレーニングの重要性もしっかり伝えることの出来る、ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチを目指すべく、本拠地NYで取得したヤムナ®ボディローリングの資格も持った、S&Cコーチです。

日本でパーソナルトレーナーとして活動後、単身アメリカへ留学。
アスレチックトレーニング、理学療法やストレングストレーニングを勉強している道中、ニューヨーク発祥のボールをつかったストレッチやローリング法「ヤムナボディーローリング」(YBR)と出会う。
アラバマ大学バーミングハム校(UAB)エクササイズサイエンス学科卒業。

身に付けた技術を武器に米国国内のアスリート、プロフィジーク&フィットネスモデルやプロバレエダンサーを中心に活動してます。

また、一時帰国中は日本国内のラグビーチーム、プロシューター、プロキックボクサー、芸能、シンガー(歌手)、モデルやバレエダンサーをも指導しながら、マッサージ、治療院やクリニックなどでのセミナー、講習会を指導者対象に行ってフィットネス業界、トレーナーの育成も積極的に行っている。

更に、『日本の健康寿命を延ばす』ために、自身のトレーニングも続け、新たな自重トレーニングの考案&プログラム作成にも日々力を注いでいる。

List of all posts

全記事リスト

Latest journals
Category
Tag Cloud

by TopNTagCloud
Welcome!!
Calender
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Search form
Mail Form

Name:
Email Address:
Subject:
Message: