このプラネットは、この世に一つなのだから

こんにちは、

ストレングス&コンディショニングコーチの川﨑 章広 です。


先日、あるソーシャルメディアの友人のポストを見て感じたことをここで書きとめておきたいと思い、
いまこうして書かせて頂いています。

そのポストは、福島の原発事故の後、カリフォルニアで取れたマグロについて、

カリフォルニアで取れた何百、何千匹のマグロが、

規定値以上の放射能で汚染されていることがあげられていました。

Fish+and+radioactive_convert_20150212141014.jpg


ここで、感じたことは世界は一つだと言うこと。

このプラネットは、ここにしかないこと。

私自身、友人のポストに対しての思いをポストしたものが以下になります。



We live on this Earth with so many livings in this planet.

Why only human kinds are living in this planet

as if we have another planet to go to...

We need to think about the planet

where we are now and BE NICE to the Earth!



自分達は、この地球上に他の多くの生き物達と共存している。

人間だけが、まるで他のプラネットに行けるかのように、生活している。

もっと地球にやさしく、生きていけるように、そう心がけて生きて生きたい。

このプラネットは、この世に一つなのだから。




皆さんに考えていただきたいのが、全ては奇跡であり、必然であると言うこと。

太陽と月と私たちの住む、地球の距離。



太陽があるから、地球に大気があり、

生物が動物が成長でき生活していくことが出来る。

地球に大気があるからこそ、水が存在し、

私たち動物が住める、生きていける。

月があるから、海の満ち引きがあり、海の動物の生活も成り立たせる。


これも、地球というプラネットが、

奇跡的に、必然的に、太陽と月、また他の惑星や小惑星の距離を保って全てを作り出した。


そんな、私たちのプラネット、他にもない、地球


自分達は、この地球上に他の多くの動物達と共存している。

人間だけが、まるで他のプラネットに行けるかのように、生活している。

もっと地球にやさしく、生きていけるように、そう心がけて生きて生きたい。

このプラネットは、この世に一つなのだから。


と、このコメントになったのだと思う。

自分達にできることは、本当に微々たること。

だからこそ、その微々たることを積み重ね大きくすること。
(A dust accumulated makes a BIG mountain.)

皆で、このプラネットをより良くしていけたらと強く思う。




Enjoy your life!!

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Profile

Aki

Author:Aki
こんにちは、川﨑章広(かわさきあきひろ・通称AKI)です。

詳しいプロフィールはこちら

ストレングストレーニングをより効果的に行なう為のコンディショニングトレーニングの重要性もしっかり伝えることの出来る、ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチを目指すべく、本拠地NYで取得したヤムナ®ボディローリングの資格も持った、S&Cコーチです。

日本でパーソナルトレーナーとして活動後、単身アメリカへ留学。
アスレチックトレーニング、理学療法やストレングストレーニングを勉強している道中、ニューヨーク発祥のボールをつかったストレッチやローリング法「ヤムナボディーローリング」(YBR)と出会う。
アラバマ大学バーミングハム校(UAB)エクササイズサイエンス学科卒業。

身に付けた技術を武器に米国国内のアスリート、プロフィジーク&フィットネスモデルやプロバレエダンサーを中心に活動してます。

また、一時帰国中は日本国内のラグビーチーム、プロシューター、プロキックボクサー、芸能、シンガー(歌手)、モデルやバレエダンサーをも指導しながら、マッサージ、治療院やクリニックなどでのセミナー、講習会を指導者対象に行ってフィットネス業界、トレーナーの育成も積極的に行っている。

更に、『日本の健康寿命を延ばす』ために、自身のトレーニングも続け、新たな自重トレーニングの考案&プログラム作成にも日々力を注いでいる。

List of all posts

全記事リスト

Latest journals
Category
Tag Cloud

by TopNTagCloud
Welcome!!
Calender
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Search form
Mail Form

Name:
Email Address:
Subject:
Message: