侍セブン・トレーニング①

こんにちは!

ストレングス&コンディショニングコーチの 川﨑 章広 です。


本日は、2016年のリオ オリンピックを目指す、

7人制ラグビーチーム「侍セブン」のストレングストレーニングの日に

オリジナルトレーニングメニューのご提供をさせていただく事が出来ました。


トレーニングの内容は、ラグビー選手のための

プレベンション(怪我予防)と、しなやかで強い筋肉づくりのためのものです。


吉田監督が求めるラガーマンの身体、スピード感があり、切り替えしや鋭い動きの出来る、

しなやかなで強靭な身体づくりのために、

私のトレーニングを取り入れたいとお声を掛けていただきました。


先日拝見させて頂いた試合や、ラグビーの動画なども参考に

得意の動作解析をし、機能解剖、運動生理学をもとに、より効率的に、

そして効果的なトレーニングを作ったり、熟考して出来上がったメニューです。


場所は、とても素晴らしいウェイトトレーニングのマシンの揃ったジムだったのですが

私のトレーニングは、基本的に自重を使い、場所は選びません。


自重では、自分の体重以上の負荷でトレーニングできないのでは?強くならないのでは?と、

感じる方も多いようですが、そうではありません!

 (自重トレーニングについては、こちらの記事もご覧ください。)

それは、私のトレーニングメニューを体験した方は、よくご理解いただけます^^


【エクササイズの例】

Pair push-ups (10 reps each x 2-3 sets)
 Press push-ups
 Fly push-ups
 Diagonal push-ups

DSC03417_convert_20141201223538.jpg

Forearm to triceps extension push-ups (10 reps x 3-5 sets)

Lalanne fingertip push-ups (7-10 reps x 3-5 sets)

Superman X-jump (5-10 reps x 3-5 sets)

Inca/thigh slap (5-10 reps x 3-5 sets)


DSC03443_convert_20141201223707.jpg

今回はその場所をうまく利用し、2人組になったり、バランスボールなども取り入れたりと、

ラグビーの特異動作に必要な筋肉を、より効果的に鍛えるための、

基本的な自重のトレーニングを紹介できたと思います。

DSC03385_convert_20141201224656.jpg


そして、

トレーニングと同じかそれ以上に大事にしてほしいのが、
コンディショニング


マッサージや針灸などの治療に行って人に頼むだけではなく、

自分でどこでもできるヤムナボディローリング(YBR)

WP_20141127_11_08_54_Pro_convert_20141201223908.jpg

を、選手の方々にも体験していただきました。


このYBRは、多様なサイズのボールを使い分け、

まずは、骨をしっかりと刺激、筋肉の起始から停止へ呼吸と共に行う、

自分でも出来る筋神経リリーステクニックのようなもの。

それを、人に頼まずして、機能解剖をしっかり理解している方であれば、

これだけでも、殆どの怪我を防げます。


(詳しくはこちらをクリック!

脚では、

ハムストリング(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋)から
カーフ(下腿、膝窩筋、ひらめ筋、下腿二頭筋)、

クアド(大腿直筋、外側広筋、内側広筋、中間広筋)、

大腿側面TFL ~ITバンド(大腿筋膜張筋~腸頸靭帯)、

アダクター(内転筋群),

グルト(臀筋群)。



そして今日は、上半身は
胸から腕(主に、大胸筋、小胸筋、前鋸筋、三角筋全部、
上腕三頭筋、上腕二頭筋、腕橈骨筋、肘筋など
)を、しっかりとトレーニングしたので、

胸やサイドライン(脇)などのYBRルーティンをシェアさせて頂きました。


このトレーニング日に参加することのできた、

侍セブンのお二人の選手たちも熱心に取り組んでいました!



やりながらも、そのトレーニングが何の動きのために、どのように必要なのか

理解しながらするのとしないのとでは、効果が断然違います。



今回は1日にだけということもあり、ひとつひとつの説明が長くなってしまうこともありますが、

それだけ、その選手がトレーニングをしっかりと理解し、

これからもご自分で正しく行えるようになる

ということが、トレーナーとして選手たちを指導、育成、教育することが自分達の役目だと思っています。


選手達、

一人ひとりが自立し、自身の身体に対する責任を持つこと

これに尽きます。



もともと作っていったメニューの中にあった、

サーキットトレーニングなどの距離を要するメニューは今回はできませんでしたが、

吉田監督から日曜日の野外でのトレーニングと来週のウェイトトレーニングでも

侍セブンのみなさんのお手伝いをできる機会をいただけたので、

その時に実施できると思いますので、楽しみです!!




Enjoy your life!!!


Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"




Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Profile

Aki

Author:Aki
こんにちは、川﨑章広(かわさきあきひろ・通称AKI)です。

詳しいプロフィールはこちら

ストレングストレーニングをより効果的に行なう為のコンディショニングトレーニングの重要性もしっかり伝えることの出来る、ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチを目指すべく、本拠地NYで取得したヤムナ®ボディローリングの資格も持った、S&Cコーチです。

日本でパーソナルトレーナーとして活動後、単身アメリカへ留学。
アスレチックトレーニング、理学療法やストレングストレーニングを勉強している道中、ニューヨーク発祥のボールをつかったストレッチやローリング法「ヤムナボディーローリング」(YBR)と出会う。
アラバマ大学バーミングハム校(UAB)エクササイズサイエンス学科卒業。

身に付けた技術を武器に米国国内のアスリート、プロフィジーク&フィットネスモデルやプロバレエダンサーを中心に活動してます。

また、一時帰国中は日本国内のラグビーチーム、プロシューター、プロキックボクサー、芸能、シンガー(歌手)、モデルやバレエダンサーをも指導しながら、マッサージ、治療院やクリニックなどでのセミナー、講習会を指導者対象に行ってフィットネス業界、トレーナーの育成も積極的に行っている。

更に、『日本の健康寿命を延ばす』ために、自身のトレーニングも続け、新たな自重トレーニングの考案&プログラム作成にも日々力を注いでいる。

List of all posts

全記事リスト

Latest journals
Category
Tag Cloud

by TopNTagCloud
Welcome!!
Calender
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Search form
Mail Form

Name:
Email Address:
Subject:
Message: