【新しいところ、新しことを始めるには、もっともっとエネルギーが要る】

こんにちは。 米国テキサス州に在住でヒューストン・バレエ・アカデミーのストレングス&コンディショニング(S&C)コーチのアキです。

13556056_980024697619_1402776090_o.jpg 
今日は、【新しいところ、新しことを始めるには、もっともっとエネルギーが要る】について綴っていきたいと思います☆ それと同時に、海外に拠点を移したら、まずすることをシェアさせていただきます。 条件を出して、動き回る。 とにかく、目標が達成するためにひたすら動き続ける。
【どの国でも必ず必要になるもの】 ☑ 銀行口座(即日つくれるところ)
☑ 仕事(好きなこと。米国:ビザ含めて) ☑ 運転免許(その州のもの) □ 車(引っ越しも出来るようにCRVみたいな車) □ アパート(大き目で職場に近いところ) □ 引っ越し(家具、本、その他)
と、条件を予め出して動き回るだけ。 6月19日にヒューストンに来てから(本日6月30日)、仕事(ビザ、その他の手続き)、銀行口座、運転免許は既に済みました。本当に、周りにサポートしてくださる方々に感謝です。 銀行口座は、友人のところに住所を置きながら口座を開き、ヒューストンバレエ団に載せる私の住所も一時的に友人のものを使わせて頂き。。。そして、運転免許(DL)も必要な書類をかき集め、運転のテストとDLの筆記のテストの予約は8月5日しか空きがありませんでしたが、強行でウォークインでできるかわからないまま、すべての書類を持ちDPS(運転テストセンター、運転免許証発行センター)へ。 まず、持っていたAL州のDLが前回のビザの期限が切れるのと同時に期限切れでしたので、ペーパーと実技を受けなおしかと思って臨みました。DPSに朝7時半から始まるので、唯一朝がゆっくりな木曜日にDPSに行ってみました。Katyに住む友人がたまたま水曜日、木曜日が定休日だったので、うまい具合に都合が合い、トラフィックも避けて、いざDPSへ。 ALライセンスを見るなり、「これ切れてるね~」と。「TXのDL持っていたことあった?」と。 そう、OPT(4大卒業後に1年研修機関で働ける期間)でTXに居て、その時にTXのDLを持っていました。 「TXのDLは2019までだから資料があれば、今日DLとれるよ」とのこと。 本当にラッキーでした。。。 って、本当に色々新しいことを始めるとものすごくエネルギーが要ります。

今日はそんことで【新しいことを始めるにはもっともっとエネルギーが要る】について綴っていきたいと思います☆
13588793_979611650369_1581735848_o.jpg 

人間(ヒト化、他の動物もそうですが)は、テリトリー(行動範囲)をつくり、生活を習慣し、己の良かれと思うルーティンをつくり、そのルーティンを壊したくない生きものです。なぜなら、その場(テリトリー内)に居れば心地が良く、自分の好まない動物(他者)と出くわすこともないし、命を危険な目にさらすこともしなくてよいからです。
つまり、わざわざ自らエネルギーを使う必要のある状況を作らないで、最低限の消費エネルギーのみで生活ができるようになります。

13549067_979611635399_1559659125_o.jpg 
故に、引っ越しをし、新たな環境に飛び込むことは、人間にとって大きなストレスにもなりえます。 ただ、私のように【Adventure】を好む人間はその逆ですが。 (それでも多少ことが想うようにいかなさすぎたりすれば、滅入ることはありますが)
引っ越しの多い私の人生にとって、毎回途轍もないエネルギーを使いながら、成長しながら日々の生活を送っております。毎日の生活の当たり前が当たり前に感じない生活。だから、人一倍、【ありがとう】と【ごめんなさい】を大切にしています。 さて、私の人生ですが、私の人生は本当に【Adventure(冒険)】です。 人生での引っ越し回数で言ったら大変なことになっています。
(私と一緒になってから、私と一緒に’引っ越ししてくれているちぃちゃんに本当に感謝です。。。) ①茨城から東京。②東京から茨城。③茨城から米国ミシシッピ州(MS)。 MSの中でも、③4大寮→④家→⑤短大の寮。 ⑤MSの短大の寮→⑥アラバマ州(AL)のアパート。 ⑦ALの中でも2回引っ越し。ALのアパートからテキサス州(TX)へ。 TXでは、⑧お友達の家(1か月)→⑨TXのお友達の家(1年半)→⑩TXの貸し家→⑪TXのアパート。 ⑫TXのアパートから日本(茨城)。⑬茨城→東京。⑭東京→TX(ヒューストン)へ。 覚えているだけで、14回の引っ越し。 (結婚後も少なくとも3回くらい。しかも、茨城→ヒューストン間、東京→ヒューストン間を。) 毎回、本当に凄くエネルギーを使っています。 正直、弱音を吐きたくなったり、ホームシックになるんじゃないかって思うことも時にはあるんじゃないかと思います。

でも、そんなとき、私自身にいつも同じように声を掛けます。 【今の状況を打破できるのは、私自身しかいない】と。 私にしかできないことを、私は今やっていると想い、いつもぶち当たる壁をどんどん乗り越えていっています。 だから、楽しくて仕方がありません。 本当に楽しくてありません、今の人生が。
13523728_978575277269_795693244_o.jpg 
ヒューストンバレエ団の付属学校での仕事も今日でおよそ2週間が経ち、クラスの数も予定よりも多く入れてもらえるくらい、生徒に好評らしく、週ごとにクラスが増えていってます(嬉しいですね笑)。 13499666_977695904539_753282786_o.jpg 

ただ、6週間の【Summer Intensive】は、Young dancerとはいえども、本当に身体にきます。
だから、私のクラスでは、いつも「Did you have breakfast this morning?」、「Did you sleep well last night?」という質問から始まります。

今日は、「How tired are you? Scale one to ten?」と言ってDancer達の身体の状況を彼ら自身で示せるように質問します。時々、「Eleven(11)!!!」とかいう子もいますが(笑)

大切なのは、【コミュニケーションをとること】だと信じています。
大人でも子供でもそう。

【知ってほしい】、【理解してほしい】という気持ちは誰にでも必ずあると思います。

だから、質問から始まり、彼らが私にケアされているんだということを理解してもらい、感じてもらい、そこからクラスを作っていきます。

やりたいことだけをやりません。

Young dancer達が楽しんで興味のあることを探して、その日のトレーニングを効果的に組み立てていきます。将来の彼らのためになるように。

今日は、Houston ballet academyのLevel 8の女の子たちのクラスでした。年齢は、16~19歳くらいでしょうか。

スタジオに行くと、腹筋やっているこもいれば、大の字に寝っ転がって動きたくなさそうにしている子もします。

そんな時に、どのようにみんなを同じようにやる気スイッチを入れるか。
6週間のSummer Intensiveの、2週目の最後の日。

疲れは、2週間とはかなり来ているのがはっきりわかります。
このような時、どうしますか?

これらを含めて、【新しいところ、新しことを始めるには、もっともっとエネルギーが要る】んだと想います。 このクラスの続きは今度書き綴っていきたいと思います(笑)
あとは、A place to live、A car to drive、などを早く見つけて、自分のペースで生活できるように身を固めていきます!!!

6月19日に日本を出て、ちょうど今日で2週間。仕事も今日で、2週間が終わり、明日から2連休。
しっかりと、アパートのリサーチして、車のリサーチして、動けるように頑張ります!!!


Enjoy your life!!!

Akihiro Kawasaki


”Where there is a will, there is THE way.”



Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Profile

Aki

Author:Aki
こんにちは、川﨑章広(かわさきあきひろ・通称AKI)です。

詳しいプロフィールはこちら

ストレングストレーニングをより効果的に行なう為のコンディショニングトレーニングの重要性もしっかり伝えることの出来る、ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチを目指すべく、本拠地NYで取得したヤムナ®ボディローリングの資格も持った、S&Cコーチです。

日本でパーソナルトレーナーとして活動後、単身アメリカへ留学。
アスレチックトレーニング、理学療法やストレングストレーニングを勉強している道中、ニューヨーク発祥のボールをつかったストレッチやローリング法「ヤムナボディーローリング」(YBR)と出会う。
アラバマ大学バーミングハム校(UAB)エクササイズサイエンス学科卒業。

身に付けた技術を武器に米国国内のアスリート、プロフィジーク&フィットネスモデルやプロバレエダンサーを中心に活動してます。

また、一時帰国中は日本国内のラグビーチーム、プロシューター、プロキックボクサー、芸能、シンガー(歌手)、モデルやバレエダンサーをも指導しながら、マッサージ、治療院やクリニックなどでのセミナー、講習会を指導者対象に行ってフィットネス業界、トレーナーの育成も積極的に行っている。

更に、『日本の健康寿命を延ばす』ために、自身のトレーニングも続け、新たな自重トレーニングの考案&プログラム作成にも日々力を注いでいる。

List of all posts

全記事リスト

Latest journals
Category
Tag Cloud

by TopNTagCloud
Welcome!!
Calender
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Search form
Mail Form

Name:
Email Address:
Subject:
Message: