【言葉には魂が宿っている。】

こんにちは!

ストレングス&コンディショニングコーチの川﨑 章広です!


折角、

実家にいて時間があるのだから

そう想い、先日は、祖父母にYamuna Hands-on で治療をしました☆

そしたら、母親(えつこさん)がナスを持って私のところに来ました。

1DSC05077.jpg

『あき、見てみてみて』 って、嬉しそうだな、えつこさん。


言うからには、やる。
Put your money where your mouth is.

1DSC05075.jpg

あなたが、人に言うからには、

あなたはしっかりやろうと心がけていると想います。

逆に、あたなが出来ないことは、

人に言わないほうが良いということになるでしょう。

言葉には魂が宿っています。
Your soul dwells in your words.

1DSC05076.jpg

あなたの言葉には、どんな言葉であれ、

しっかりと魂が宿っています。

だから、『言霊』 という言葉が存在するんです。


言ったからにはやる。

DSC02331.jpg

きのうは、ド田舎の環境で自身のトレをやりました☆

Foam Roller Chest Stretch with face-up position
Wonder Core 20 reps x 3 sets
Leg Magic 30 sec x 3 sets

Run 3 Km → 11分20秒 (標高150m 800m上り坂、傾斜15~30度)

Front raise 10 reps x 3 sets
Lateral raise 10 reps x 3 sets
Rear raise 10 reps x 3 sets
Over-grip dumbbell Push-ups 10 reps x 3 sets
Under-grip dumbbell Push-ups 10 reps x 3 sets


筋肉痛が気持ちいい。

1DSC05069.jpg
(写真は、小宮山選手のセッションのものです☆)

思いっきり追い込むから、

その次の日の筋肉痛が気持ちいい☆

やった証が残る。

だから、もっとコンディショニングをしっかりやって、

もっともっと高いレベルのトレーニングの為に身体をつくろうと想える。


いまをしっかり生きること。

DSC02270.jpg

あたなが、『いま』 を大切にすることで、

『過去』 も 『未来』 もまた良いものになる。

だから、大切なことは、あなたが、

いまを一生懸命、気楽に、楽しんで、

出来ること、したいこと、想ったことをして生きること。


Enjoy your life!

DSC02153.jpg


だから、『Enjoy your life』、

あなたの人生を思いっきり満喫して欲しい☆

あなたの人生の主人公は、あなたなのだから☆


言葉を上手に使って、

言葉に魂を宿らせながら☆



Enjoy your life,

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"






今までにない追い込みを。

こんにちは!

ストレングス&コンディショニングコーチの川﨑 章広です!

突然のFBでのポストでの呼びかけで、

連絡を下さった方々とお会いすることが出来ました☆


出会いに感謝。

理学療法士で活躍中の友人や

サムライセブンで 『THE SAMURAI』 最年長のアスリート、

また、7人制ラグビーでリオ五輪を目指す最強アスリート、

小宮山さんとストレングストレーニングをして参りました☆


毎日が、充実した日。

1DSC05070.jpg

普段からあなたがしたいことを明確にする。

明確にしていくうちに、明確でないことがわかる。


教えているのに、教えられている。

1DSC05068.jpg

これって、教えているのに、教えられている感覚なんだと想います。

何でも揃った環境であれば、何でも出来て当たり前。

ただ、その使い方がわからなければ、

環境に意味を成すことが出来ない。

逆に、環境がどんなに悪くても、

あなたが強い心で動いて、意味を付けていくことができたら、

その環境が素晴らしい環境に転じえる。


理学療法士の石井さやかさんとは、

その環境を作るためにあなたが何が出来るか、

しっかりミーティングでも詰めて話してきました☆

貴重なお休みのお時間を頂き有難う御座いました☆


環境のせいにしないために。

1DSC05067.jpg

あなたが環境をつくる。

変えられない、不変なものは仕方が無い。

ただ、変えられるものは、変化可能なものは変える。


『Responsibility = Response + Ability』

1DSC05065.jpg

『Responsibility』 とは、『責任』 の意。

また、『Response』 (返答する)の意と 『Ability』 (出来る)の意からなる。

つまり、私は、責任とは、『しっかりと返答できる能力』 を指すと心得る。

何事が起きても、しっかりと応えることが出来る能力。

これが 『Responsibility』 であり 『責任』。


『自立』 と 『責任』 ある選手育成。

1DSC05066.jpg

もちろん心で思いっきり寄り添って、温かく見守る。

ただそれだけでは、選手は育たない。

しっかりあなたがあなた自身で目的を持って、上を目指す。

だから、私はあなたをもっともっと、もっと上に行くために、

全力でサポートしたいんです。


ワンレップ、ワンレップがまぢだから。

1DSC05069.jpg

だから、小宮山選手とのトレーニングは、

セットごとに笑顔がこぼれるんです☆


ワンレップ、ワンレップがまぢだから。

セットごとに、まぢの達成感があるんです☆


今までにない追い込みを。

トレーニング終了して、帰り際に、

小宮山選手からお礼のメッセージを頂きました☆

『アキさん。今日はお忙しい中、わざわざ来ていただき本当に感謝します。アキさんのサポートのお陰で、今までにない追い込みをかけられました。最高のサポートでした。またお会い出来る日を楽しみにしています。ではまた(スマイリーフェイス)』


また、これが私を頑張らせてくれますし、

本当に、いつも小宮山さんは私を刺激してくれます☆

本当に、いつも感謝しています!!!


よし、今日も良い日になります☆

『想いは、招く』

思いっきり、あなたのしたいことをイメージして、

今日も良い日にしていきましょう☆


同じ一日なら、笑顔で過ごしたいですから☆




Enjoy your life,

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"





『出来るだけ、Colorful に。』

こんにちは!

ストレングス&コンディショニングコーチの川﨑 章広です!


特別な日。

あなたをこの世に残してくれたご先祖様に想いを伝える日。

地球が4億5000年前に生まれ、

この大陸に、ご先祖であるヒト化の動物が来て、

『どうして人間が人間になることが出来たのか?』 → こちら
"How Humans became human-beings?"

曾じいちゃん、曾ばあちゃんの、そのもっともっと前の世代があって、

じいちゃん、ばあちゃん、両親、

そして、あなたの番を生かされている。

ご先祖様に感謝を込めて。

お墓参りして、感謝の気持ちを伝えてきた。

『こうして自分の番を生かさせてくださって有難う御座います』

『子孫繁栄の為、世界平和の為に精進いたします』

これが、私のご先祖様に対する想いです。



お題は変わって、

最近よくダンサーやアスリート、モデルのお客さんに言う言葉です。

what have you been thinking about your diet (nutrition) for your meals these days?
Check how colorful your meals are. :)  Are there enough color there on your plate? Enough red, green, orange, yellow, etc...?


『出来るだけ、Colorful に。』

1DSC05016.jpg

だから、もっと

『緑』 や 『赤』 を足したり

『海のもの』 や 『山のもの』 を足したり、

1DSC05019.jpg

もっと、全体的に華やかに、Colorful に、

そうするとバランスよく、

しっかりと栄養素を摂る事が出来るんです☆

1DSC05015.jpg

『色によって役割が違う』

それぞれ異なる色には、それぞれの意味がある。

For instance:
White: Carbohydrates such as rice, noodles, bread, etc...
Brown/khaki: Proteins such as beef, pork, chicken, tofu, etc...
Green/dark green: Vegetables such as a cabbage, broccoli, spinach, etc...
Yellow/orange: A bell pepper, lemon, squash, pumpkin, carrot, etc...


『白・肌色』 → 炭水化物
(ごはん、パン、麺類、などなど)

『茶・肌色』 → たんぱく質
(鳥、豚、牛、豆腐、などなど)

『緑・深緑』 → ミネラル、ビタミン、食物繊維
(ほうれん草、ブロッコリー、キャベツ、キウイ、などなど)

『赤・濃赤』 → ミネラル、ビタミン、食物繊維
(ビーツ、トマト、クランベリー、レッドベルペッパー、などなど)

『黄色』 → ミネラル、ビタミン、食物繊維
(パイナップル、スターフルーツ、イエローペッパー、などなど)

『オレンジ』 → ミネラル、ビタミン、食物繊維
(人参、さつまいも、もも、オレンジ、などなど)

『青・紫色』 → ミネラル、ビタミン、食物繊維
(なす、ブルーベリー、ブラックベリー、プラム、などなど)


※ 詳しい栄養価や解説は → こちら

1DSC05022.jpg

『BIG BOYになるために。』

1DSC05023.jpg

『食べることは、生きること』

人間、食べなくては生きられない。

そうだとしたら、しっかりと食べるものを意識して。

栄養価がわからなくても、

色を沢山摂ろうとすることで、

食のバランスも整えることが出来るということ。


皆様の健康の為に取り入れて頂けたら嬉しいです☆



Enjoy your life,

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"





魂は、いくら磨いても摩り減らない。

こんにちは!

ストレングス&コンディショニングコーチの川﨑 章広です!


昨日、茨城の実家に戻りました。

そして、今日富山合宿のときに願い事と写仏して書いたものが、

お守りとして家に郵送されました☆

1DSC05052.jpg

早速、My JAPAN bag につけました☆

1DSC05053.jpg


その写仏した時の想いを少しご紹介させてください☆


待っているときに何が出来るか。

もし、あなたがコントロールできないことで、

1ヶ月、3ヶ月、いや6ヶ月、結果を待たされたらどうしますか?

その待っていることは、とても大きく、

あなたの人生を大きく左右すること、

あなたの今後の拠点が決まる、大きな決断であったら?


早く次にMove onするために、

いま、あなたが待っているものを諦めますか?

それとも待ち続けますか?


どれだけ欲しているか、

それで、あなたの行動は変わってくると思います。


待っているときの時間の使い方。

これもまた、とても大切になってくると思います。

当初は、1ヶ月、2ヶ月で戻れるということになっていた。

でも、結果的に6ヶ月、時は流れる。


予定をつくり、人の為に動く。

その時にあなたは何が出来ますか?

予定に組み込まれていない、予定を作る。


その中で、自分の出来ることを最大限にやる。


もっと、もっと人を幸せにするために。

・ 日本徒手理学療法学会に出席。

・ 3日間セミナーを都内のある治療院で依頼&実施。

・ 熱い想いのあるトレーナー仲間と集まり食事会出席。

・ 中学校時代の友人達とのプチ同窓会に出席。

・ 米国アラバマ州時代の大学の同窓会出席。

3度にわたり、指導者対象&一般の方対象のセミナーを実施

『Golden Age』 の育成の為に、埼玉や都内の高校のS&Cを実施

オリンピックを目指すチームのS&Cのサポート(山梨、富山遠征付き添い)

個人的に五輪を目指すアスリート達とのトレーニング実施

日本に、『スポーツメディスンチーム』 を浸透させべく、それぞれのスペシャリスト達とのミーティング実施

・ 日本で出会ったプロアスリートのEメールでのサポート開始。


などなど。


本当に、己に出来ることを自ら見つけ形にして残す。

そして、もっと大切なことは、

最大限に家族孝行をする。

その他にも 『健康寿命を延ばす』為のプロジェクト作成。

そこから、日本や世界の為に本当に心がこもった案も生まれる。

家に居る、85歳のじぃちゃん&ばぁちゃんがずっと健康であるために。

家族と入れる時間の中で、

農作業を手伝ったり、ペンキ塗りや、草刈を手伝ったり、

最大限に家族孝行をすること。

Your soul does not get worn down even if you sharp it very much.
魂は、いくら磨いても摩り減らない。

本当に、魂はいくら磨いても摩り減ることは無い。

常に、Pureで居たいし、

その人の良い所を見つけて、延ばしてあげたい。

その為に、己を知ること。

もっと、自分を知って、そうすることで、

もっともっと相手が見えてきて、相手を知れるということ。


もっともっと大きくなりたい。

魂を磨いて、もっと、もっともっと大きくなりたい。

もっと、自分には出来ることがあるから。

自分にしか出来ないことを、もっと形にして行きたい。



今の自分がしていること、感じていることを、

自分の今の生き様をシェアさせて頂きました☆


読んで頂き、有難う御座います☆

感謝を込めて、




Enjoy your life,

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"









S&C Training: バトミントン男子 『Will be there』

こんにちは!

ストレングス&コンディショニングコーチの川﨑 章広です!


今日も暑かったですね~

日本の Golden Age 育成。

日本のゴールデン世代のレベルを上げるべく、

今日は、友人が働く埼玉県の高校でS&Cのトレをさせて頂きました☆

DSC05048edited.jpg


水分をコマ目に摂る。

バトミントン部男子、

とても湿度の高い、暑い体育館の中で、

良く最後まで動いていました☆


昔は、水分を摂らないで部活をするようなこともありましたが、

水分は、本当に10~15分くらいで、

ちょこちょこ水分補給を入れておきました。

DSC05030.jpg

股関節周りを重点的に。

バトミントンは、利き脚ばかりに負担がかかるスポーツ。

脚を思いっきり開いて、

ランジポジションでシャトルを拾い、

そこからすぐに次の動きが多い。


股関節周りの筋肉に刺激も。

DSC05031.jpg

身体の構造上、機能解剖学的に考えても、

太腿の後ろ・前&内・外の筋肉は、

股関節をまたぐ筋肉が多い。


怪我を予防するために、動きを作る。

DSC05032.jpg

怪我だけを予防するわけではなく、

パフォーマンス向上の為にも、

動きが出るように、その動作が出来るように、

関節周りの筋肉とその動きへのアプローチをしていく。


ただストレッチを入れるのではない。

股関節周りの筋肉達へのアプローチ、

大腿四頭筋、ハムストリングス、内転筋群、外転筋群、

深層外旋六筋含む殿群、腸腰筋、その他の筋肉たちの

ダイナミックな動きを出す為のダイナミックなストレッチを。


写真では、動いているのはわかりませんが、

一つの動きを20回ずつ入れて、

深さを変えて、動きの幅や面を変えて、

およそ10種目以上の股関節のダイナミックストレッチを行ないました。


自重で鍛える。

DSC05036.jpg

バトミントンでは手&肩関節周りも良く使います。

部活の合間にも出来るように、

ペアで出来る自重のトレーニングをシェアさせて頂きました☆

DSC05043.jpg

肩関節のStabilityにも使えるし、

身体のコーディネーション&体幹強化にもなります。

もっと、コアトレーニングも入れていきました。

DSC05040.jpg

日本語では、ブリッジ。英語では、Plank (プランク)といいます。

コアトレーニングも時間はありませんでしたが、

10種くらいは出来たかと思います☆


本日もサーキットトレーニング、レッグサーキットを入れていきました☆

DSC05037.jpg

サーキットは、己を知るためのもの。

タイムトライアルで、毎回自分を越えるために、

そして、今の自分を知るために行なう☆


DSC05038.jpg

また、レッグサーキットは、己をプッシュするもの。

今日は、3種目を20回、3セット。

出来るようになれば、

ノーインターバルで、3種目を5セット、6セットやりたい☆


人生論を説く。

DSC05042.jpg

トレーニングと人生は、同じ。

全てに意味がある。

どうして、この高校に入ったのか。

この先何がしたいのか。

どうしてストレッチ、ウォームアップをするのか。

どうして、正しいフォームでエクササイズを行なうのか。

全てに意味がある。


What got you here, will not take you there.
あなたをここに導いたものは、あなたをあそこには導いてくれない。

どういう意味だと思いますか?


そういうことです。

同じことをしていては、何も変わらない。

そりゃそうですよね?

『ここ』 にいるのは、『それ』 をしたから。

『あそこ』 に行きたければ、『あれ』 をすればいい。


『ここ』 にいるから 『あそこ』 にも行ける。

ただ、大切なのは、『ここ』 にいるから 『あそこ』 にも行ける。

今まであなたがしてきたことがあるから、

あたなは次に進むことさえだって出来るということ。

これは、胸にしまっておいて頂きたいことです☆


『いま』 が 『過去』 も 『未来』 も作り出す。

最終的にはあなた次第なんですが、

今のあなたを作っているのは、過去のあなた。

では、未来のあなたを作るのは、今のあなた。


ということは、あなたの 『いま』 が過去をつくり、

あなたの 『いま』 が未来を作るということ。


What got you here, will not take you there.
あなたをここに導いたものは、あなたをあそこには導いてくれない。

つまり、あなたを 『あそこへ導ける人』 は、

あなたの為に、次のことを生かせる人なのではないかと想います。


『3C → ちゃちゃちぇ』

『Chance』
チャンスをものにできるか。チャンスをチャンスと想えるか。

『Challenge』
チャレンジできるか。勇気があるか。

『Change』
変わることが出来るか。変れる自分でいるか。


こんな人なんだと思います。


私も日々精進していけるよう、

アンテナを張って、『チャンス』 に気がつけるように、

また、そのチャンスに 『チャレンジ』 できるように、

さらには、チャレンジして自分をより良く 『チャンジ』 できるように。

日々精進していきます☆



また、今日の出会いに感謝して☆



Enjoy your life,

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"




『類は友を呼ぶ』

こんにちは!

ストレングス&コンディショニングコーチの川﨑 章広です!


都内でお茶。

先日、同期で同志のごっきーと都内でお茶をして、

今後の日本について、どのように我々がアプローチできるか、

一緒にどのようなことをしていきたいか、していけるか、

お時間を頂き、ミーティングを急遽させて頂きました☆


アイディアが溢れ出る。

本当に、いつも二人で話すとアイディアが溢れ出てきて、

時間が経つのも早く、あっという間のミーティングでした☆


それからの、

ラグビー界のリジェンド吉田義人氏や教授さん達を囲み、

人材育成の話に始まり、トレーナーの話、熱いお話聞かせて頂きました☆

『類は友を呼ぶ』

DSC05010.jpg

Birds of a feather flock together.

吉田氏の筑波大時代の友人、お二方、

関西のある大学の准教授の矢野先生、

都内のH大学の教授の中澤先生、とご一緒させて頂きました☆


その場に居れるだけで、わくわく。

私と同期のごっきーは、その場に入れるだけで、

わくわくし、熱く、幸せに感じておりました☆


『大切な3本』

吉田氏からのお言葉より、

『本筋』
自分ををしっかり持つこと。筋が通っていること。

『本気』
常に 『まぢ』 であること。

『本物』
本物であること。偽りが無いこと。がちなこと。


凄く考えさせられるお言葉。

自分をしっかり持つこと、

その上で如何なる自分を作り上げていくのか。


常に上を目指して、

こちらも吉田氏からのお言葉より、

『3C → ちゃちゃちぇ』

『Chance』
チャンスをものにできるか。チャンスをチャンスと想えるか。

『Challenge』
チャレンジできるか。勇気があるか。

『Change』
変わることが出来るか。変れる自分でいるか。


全てにもっともっと深い意味があると思います。

また、私が、心熱くなった想いをここで

皆様に少しでもシェアしたく簡単に書かせて頂きました☆


いつも読んで頂き有難う御座います☆



最後に、いつも休暇の日に呼びつけても来てくれる、ごっきー。

本当に、有難う!!!

イタリアンからの中華まで付き合って頂き、皆さんも喜んでいました☆

これからのごっきーに繋がる出会い、そうであればと思います!!!


今後とも宜しくお願い致します☆




Enjoy your life,

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"



米国へ渡り、10年

こんにちは!

ストレングス&コンディショニングコーチの川﨑 章広です!


ちょっと立ち止まってみる。

毎朝起きて近くの公園を妻とお散歩して、

老夫婦のようなゆっくりとした生活を送っています。

そうなると、自分の人生を振り返る時間があり、

過去の話に花が咲きます。


ちょうど10年前の8月18日、

2005年、21歳の時に単身渡米しました。


それから早10年。

ユニークな人生を送り続けたい。

今年で31になる自分は、

自分の人生約3分の1は米国での生活になる。

そりゃ、もともと漢字もかけないけれど、

手紙を書こうとすれば、

平仮名か片仮名しか出てこないわけだわ(苦笑)


聞いてくれる人のお陰で、話に花が咲く。

今日、奥さんと奥さんの実家近くの公園を歩きながら、

奥さんに私の過去話を聞いてもらっていました。


本当に、色々出てきた。


いきなりのサバイバー体験。

198875_508675473539_3448_n.jpg

2005年8月18日に米国ミシシッピ州にわたり、

語学学校に入ってからおよそ1週間くらいで、

ハリケーンカトリーナで学校も一ヶ月間くらい閉鎖。

199420_4845329551_8306_n.jpg

語学学校に来たはずが、

いきなりのサバイバー体験。


当たり前は、当たり前ではない。

日頃どれだけ、当たり前に使っている、

水やガス、電気を必要で、大切なことか、

どれほどまで、人間はテクノロジーに甘やかされているのか。

そう思って、3週間、4週間、暮らしておりました。


シャワーは、かろうじて、

その時に知り合って友人となれた、

まささんと、ジェイコフのアパートで。

彼らは、『普段はおんぼろなアパートだけれど』、

といっていましたが、

このハリケーンのときは、このアパートの

彼らの場所だけ、水が出ていて、

綺麗好きの人たちが集まって、シャワーさせてもらっていました。


ジェイコフ、静岡のまささん、

本当にこの時からお世話になりっぱなしですね。

まだ鮮明に当時のこと覚えています☆


食で、出会いも、奪い合いもあった。

199188_4845259551_5116_n.jpg

食事は、基本、大学で支給されるもの。

ただ、この支給されたもののお陰で、

生き延びれたのはもちろん、様々な出会いがありました。


ただ、支給される食事では満足できず、

飢えからくる銃での奪い合いや、

暑さのあまり氷の奪い合いなどで死者が出ました。

自分達がいた大学からすぐの場所で起こったこと、覚えています。


生きるために、できることを。

当時を想えば、

トイレして、うOこを流すために、

プールの水を汲みに行き、

食材がある人たちは、

包丁を殺菌するために、

火で炙ってから調理、

生きるために、できることを。

持っているもので出来ることを皆で力を合わせてやっていました。


皆に繋げてもらって、今がある。

214998_504084959669_6425_n.jpg
(MGCCCのヘッドアスレチックトレーナー、Danny Anderson、MS、ATC)

それから、

2006年6月、ミシシッピ州の短大MGCCCに入る。

現在は日本のBBCで働く、ゆたかさんのコネで、

短大のヘッドトレーナーと繋げ頂いて、

学生アスレチックトレーナーの奨学金を頂きながら夏のお手伝い。


2006年8月からクラスが始まったけれど、

夏合宿を手伝ったこともあって、

早めに寮に入れてもらい、食事もついていた。


最高の環境で、最高の経験を。

206839_504084949689_4845_n.jpg
(仕事が出来、超気配りの同僚の学生トレーナー、Kimと。)

男女バスケ、野球、ソフトボール、男女サッカー、

チアリーダーなどの選手達のリハビリ・治療やトレーニングのヘルプ。

また、試合の遠征の付き添いなど、

様々なことを経験&体験させて頂きました。


貧乏学生の当時の俺にとって、食事あり、宿あり、

しかも、お金を貰って学生アスレチックトレーナーを経験、

ミシシッピでド田舎で何も無い。

何も無いが、またすべきこと&やりたいことに集中させてくれる。

最高の環境で、最高の経験を。


全米優勝という思い出。

216837_504084929729_54_n.jpg

短大時代、2007年には、担当していたアメフト部が、

全米短期大学の大会で、優勝。

1928324_1007851478439_9085_n.jpg

一年間の試合数、12試合。

Undefeatedでの優勝。

完全勝利、無敗、全勝での、

全米でナンバーワン☆

208810_504084944699_2199_n.jpg
(優勝が決まって、Banquetで。ヘッドコーチ、Campbell コーチと)

最高の思い出です。

正直、給水や選手のストレッチ、怪我の処置など

手伝いで、殆ど試合は見ていませんでしたが、

本当に、選手の傍で、

サイドラインで選手と優勝を分かち合ったあの瞬間は感慨深いものがありました。


4ヶ月で$1,000生活。

562819_10150946577436363_1097108490_n.jpg

ミシシッピ州のこの短大、

Mississippi Gulf Coast Community College で、

Honors scholarship、Athletic scholarship、

それにもう一つ、Who's who~のScholarshipを頂きながら、

学費免除、寮や食事など含め、

4ヶ月で$1,000弱で1年半、生活させてもらいました。


単身で米国に渡るために、

ラーメン屋、スポーツクラブ、ともう一つの

3つのバイトの掛け持ちで貯めたお金を節約するために。

大分節約の出来た期間でもありました。


方向を修正し、再度、定める。

米国に来る前と、着てからの経験&体験から、

やりたいことがもっともっと、もっと明確になっていきました。

2005年、まだ米国に来る前の自分は、

現場の経験もしっかり積んだパーソナルトレーナーを目指すため、

ATCを目指していました。

ただ、2007年、短大を卒業するころには、

怪我の選手のリハビリや補強トレーニングを手伝うことが多い環境にいたからか、

もっと選手のことを観れるポジションで居たい。

PTのようなポジションで働きたい、

当時の自分は、そう強く想うようになっていきました。


未来予想図から、今出来ることの言及&追求。

当時の若かりし自分が、行きたいと、日本で決めていた大学は、

南部でATプログラムが強いと調べた、The University of Floridaでした。

方向修正後、実は、当時、語学学校に通っていた自分は、

PTプログラムが強い大学に変更を決めていました。


必要な情報を集める。

そして、The University of Alabama at Birmingham (UAB) に行きたいと、

そう想い、語学学校時代にAmtrak(電車)に乗り、

ミシシッピ州の Hattiesburgと町から、

アラバマ州の Birmingham という街まで行って、

PT School の教授と話、

当時、語学学校だけれど、短大では、どのクラスを履修して、

編入すれば一番の道なのか、

短大からの編入後は、大学ではどの学部に入ればベストなのか、

当時教えてもらった UAB の学部、そして、しっかり学位もその学部で取りました。

(その学部はこちらから → こちら

当時取った全ての行動、英語がほとんど話せない中、

必要な情報を集めに一人で出かけたことを、今でも鮮明に覚えています。


志望校の大学、UAB は、Medical School や Dentistry も強く、

日本からも多くの研究者がやってきているところでした。


ここに絶対入って、PTになる。

これが、当時の自分でした。


現実はあまくない。

DSC01817 (1)


UABに大学3年次編入が出来ました。

短大に行くことによって、学費もとても節約できました。

ところが、大学は、Out-of-state (州外)の学生には、

In-stateの学生に比べて、おおよそ3倍の学費がかかりました。


スムーズには行かない。

On campus(学校内)で出来るバイトやその他のバイトも沢山やりました。

語学学校の頃から、自分の出来ることは出来るだけやりました。


現実は本当に甘くない。

語学学校の時に、ミシシッピ州からアラバマ州に足を運んで、

しっかりクレジットトランスファーは出来ること、大学側と確認しておりました。

そして、そう聞いていました。

しかし、現実はあまくありません。

UABに入ったのに、ミシシッピで取ったクラスが移行できないと言われました。

語学学校に行っていた8ヶ月の間、プラス、短大に行っていた1年半の間で、

トランスファーの改正があったと聞かされました。


全てが高く、早く卒業したかった。

米国に来る前に、3つのバイトを掛け持ちして、貯金を為、

祖父からの支援金もありました。

それを、出来るだけ使わないようにと米国に来てからは、ひたすら動き回りました。

こっちに来てすぐにボランティアや一見お金にならないことでも、

食事をご馳走してもらえる。

その為に、どんな手伝いもして、学校にも行っていました。


戻る決断も大切。

UABは4大なので、学費が高いです。

なので、アラバマ州の短大に一旦戻ることを決めました。

そうです、やっとの想いで入った4大を、

お金を節約するために、一旦辞めました。

短大に戻り、できることを我武者羅にやりました。

アラバマ州の短大で必要な科学系のクラスだけを取りに。

化学II、生物II、微生物学など、

UABが単位を認めてくれなかったクラスを取り直しました。

ただ、そのお陰で、復習も出来、そっちの科学系も強い、自分になれました。


PT School に行かない決断。

P4120046.jpg

大学在学中に、いくらほど生活費や学費がかかるか。

米国でPT schoolに行けば、PhDまでなので、

大学卒業後、最低3年。

生活費や学費をOut-of-stateで計算すると、

大学卒業してから、プラスで2000万円。

すぐ、PT schoolには行かない選択をすることが出来ました。


将来の再設計。

ただ、大学在学中に、Medical centerでのインターンをして、

PT、OT、SPTのもとでしっかり研修させて頂き、

経験を積むことは出来たので、

PTがすることがしっかり見ることが出来たんです。

そこで、保険での制限がある。思った治療やエクササイズが出来ない。

などの、デメリットや修正点も見つけることが出来ました。

大学卒業後は、セルフエンプロイ(自営業)で活動する。

そう決めたのでした☆


決して諦めない。

P5070077.jpg

だから、米国の大学を卒業し、今があります。

写真は、2011年5月に行なわれた、

The University of Alabama at Birmingham の卒業式のときの写真です。


人間諦めなければ、報われる。

必ず、誰かは見ています。

神様かもしれません、わたしは、

いつもご先祖様が見ていると言います。


なぜなら、自分達があるのは、

ご先祖様が私達の番を生かさせてくれているからです。


そして、今がある。

大学卒業後、最初は、働ける場所は、どこでもよかった。

でも、どうせなら自分を必要としてくれるところで働きたい。

さらには、いや、どうせならBIGカンパニーで働きたいと、

ずっと19歳の頃から想い描いていたものを追いかけ就職活動しました。


やはり、誰かは見ている。

米国テキサス州ヒューストンにある、

全米で5本の指に入るバレエ団、Houston Ballet に決まりました☆

『想うは、招く』

そこで、私の活動がバレエ団のBlogにも紹介されたのがちょうど一年前です。

ヒューストンバレエ団の公式ブログにて、紹介されたページ↓
(クリック!) Building Strength with Akihiro Kawasaki


そして、今の自分がある。

1DSC05068.jpg

そして、今の自分があります。

一時帰国中は、モデル、五輪を目指すトップアスリート達や、

Golden Age(高校生、中学生)のS&Cの人材教育&指導。

さらには、健康寿命を延ばすために何が出来るか、

その為にプロジェクトを立ち上げる活動もしています。


まだまだ、日本の為に、世界の為にやりたいことはあります。

その為に、今出来ることを本気で、

本物の自分を持って、やって生きます☆


いつも有難う御座います。

ここまで長々と私の米国生活を読んで頂きありがとう御座います☆

いつも本当に有難う御座います☆


これからも、息絶える時まで精進してまいりますので、

何卒宜しくお願い致します☆



Enjoy your life,

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"






こころのスイッチ。

こんにちは!

ストレングス&コンディショニングコーチの川﨑 章広です!


今日は、どんなときでも、いつも傍に居てくれる奥さんの誕生日☆

本当に、生まれてきてくれて有難う☆

WP_20150808_19_53_57_Pro.jpg


奥さんの家族で、北海道のニセコ、喜茂別エリアに

『蝦夷富士』 と呼ばれる、羊蹄山を見に出かけてきました☆

WP_20150808_11_30_40_Pro.jpg

義兄さん、折角の休日にもかかわらず、

片道2時間半も運転してくれて、

本当に、有難う御座いました☆



今日は、ここ最近ためていた、トピックをシェアさせて下さい☆


あなたと上手な付き合い方。

これは究極のお題だと思います。

この世に生まれ、多くの人と出会い、

そして、どのように付き合うのか。


ご先祖様がいて、親のもとで生まれ、

こうしてあなたの番を生かされている。


また、同じ類の人たちが集まり、

あなたの人生がある。


己を知ることから始まる。

WP_20150808_09_24_37_Pro.jpg

もしかしたら、実は、己のことすら理解できていないかもしれない、

ということを理解すること。

どの言葉に、どのように反応するのか。

あなたを知ること、とても大切。

どのような言葉であれば、奮い立つのか。

どのような言葉であれば、平静を保てるのか。


あなたに、どのようなスイッチがあるのか。

どこにそのスイッチがあるのか、

知ること、理解すること、

出来たら人生変わるでしょうね。


私も、いま自分のスイッチ一生懸命探しています☆


出てきた感情を受け止めること。

WP_20150808_11_27_08_Pro.jpg

あなたの為にしてくれていることや、

あなたの為に発してくれる言葉、

素直に受け取ることが出来なかったり、

時には反発してしまったり。


また、あの人の為にしたことや、

あの人の為に想った言葉が、

うまく受け取ってもらえなかったり。


その時の感情をしっかりと受け止め、

消化していくこと。


出てきた感情を大切に受け止めること、

どうして出てきた感情なのか、

感情を押し殺さないで、溜め込まないで、

しっかりと受け止めてあげること。

次に進むために必要なことであり、とても大切なこと。


肯定してあげること。

WP_20150808_11_41_49_Pro.jpg

どんな時も、あなただけはあなたの見方でいてあげる。

まず、あなたを受け止めてあげることで、

あなただけはあなたを好きでいてあげることで、

また前を向ける。


優しく受け止めてあげることで、

相手が前を向くことが出来るかもしれない。


欲しい言葉を、あなたにあなたがかけてあげれれば、

あなたは、ホッとして、安心できる。

そうすることで、あなたが

あなた自身を認めてあげることが出来る。


現実を受け入れる。

WP_20150808_09_42_55_Pro.jpg

それ以上も、それ以下もない。

過去も未来も、『いま』 がつくっている。

だから、『いま』 のあなたを受け入れて、

『いま』 できることをやって、

過去でも未来でもより良いものにしていけばいい。


あなたのスイッチを知ること。

WP_20150808_09_15_54_Pro.jpg

どこに、どんな、こころのスイッチがあるのか、

見つけてあげること。

見つけれたら、

本当に、人生、楽しく、幸せに溢れる☆


これからを生きる皆様に、

『夢』 を追いかける皆様に、

このスイッチが見つけられるように、

これからも、皆様とこうして繋がって行きたい☆


DSC04987.jpg


自分の周りの人たちが、

もっともっと、笑顔で、幸せになれるよう、

精進いたします☆



Enjoy your life,

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"



サムライセブン⑧ - 富山合宿 『個と向き合うこと』

こんにちは!

ストレングス&コンディショニングコーチの川﨑 章広です!


『サムライセブン』 と共に、

DSC04916.jpg

2015年7月31日~8月3日、

3泊4日で、富山県にて、合宿行って参りました☆

DSC04931.jpg

『サムライセブン』 とは、

吉田義人監督率いる、

リオ五輪を目指す、7人制ラグビー専門のチーム。

DSC04878.jpg

選手一人ひとりが、

しっかりと高い意識で 『個』 でストレングストレーニング(筋トレ、補強トレ)が出来ておられる。

ストレングストレーニングは、各自 『もっと強くなりたい』 という想いから出来ておられる。

そこで、身体をベストの状態に保つために何が出来るのか。

DSC04884.jpg


もっともっと、もっと人を幸せにしたい。

その想いだけで、私は動いている。

皆が幸せで入れる環境づくり、目指します☆


『個』 をもっともっと、もっと強くすること。

それが、私のサムライセブンに出来ること、だと信じております。

だから、身体の 『メンテナンス』 を怪我の予防、パフォーマンス向上の為に謳い続けます。


『セルフコンディショニング』 を浸透させる。

WP_20141127_11_08_54_Pro_convert_20141201223908.jpg

ストレッチでもいいです。

Yamunaでもいいです。

フォームローラーでも、ゴルフボールでも、テニスボールでもいいです。


筋をいつもベストな状態に高めておくこと。

身体の解剖学を理解した上で、骨、腱、筋肉へしっかりとアプローチして、

しっかりいつでも自分のベストが出る状態に高めておくこと。

パフォーマンスの為に、常に身体を最高な状態、準備をしておくこと。

これが、『超一流』のアスリートだと考えております。

だから、サムライセブンの皆様には、そうなってほしい。


『個』 がチームの為に、チームが 『個』 の為に、

その 『個』 を最大限に引き出すために、

一人ひとりが、『超』 一流のアスリートであるために。



DSC049471.jpg

『One for all, all for one』

これが、自分がチームにしたいこと。

『個』 と話して、その個が、

チームの為に最大のパフォーマンスが出来るようにサポートすること。

『個』 と向き合うこと。

DSC04977.jpg

『セルフメンテナンス』 を自分で入れる。

私は、全米5大バレエであるテキサス州ヒューストンという街で、

ヒューストンバレエ団の付属学校のS&Cコーチとして活動しておりますが、

個々が各自の身体に責任を持ち、

彼ら自身の 『コンディショニング』 をしっかりコントロールし、

『セルフメンテナンス』 を自分で入れております。


誰かに 『治療』 してもらって、
『コンディショニング』 では通用しない。


日本の陸上界や、バレーボール界のお手伝いもさせて頂いておりますが、

日本はまた誰かに 『治療』 してもらって 『コンディショニング』 をすることが主流な感じがします。

己の身体なのだから、

しっかりと少しのコンディショニングの変化にも気づく自分であってほしい。

トップアスリートにもなれば、練習量とコンディショニングが追いつかない。

だからこそ、己の身体を知り、

どのようにアプローチするのか、

これは、『MUST』 で出来なければ、正直辛いんだと思います。

私が目指すアスリートは、『自立』 した 『責任』 あるアスリート。

それが、『超』一流のアスリートだと考えます。


だから、もっと 『個』 を知りたいし、

力を最大限に引き出したい。

そして、このチーム、

『サムライセブン』 をオリンピックに導きたい。



これが私の想いです☆



これが、今回の富山の合宿で私が感じたものです。

もっと、もっともっと、選手を強くするのを手伝いたい。

彼らがあったら良いなと言うものをどんどん伝えて生きたい。

それが、私の想いです☆



Enjoy your life,

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"




Profile

Aki

Author:Aki
こんにちは、川﨑章広(かわさきあきひろ・通称AKI)です。

詳しいプロフィールはこちら

ストレングストレーニングをより効果的に行なう為のコンディショニングトレーニングの重要性もしっかり伝えることの出来る、ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチを目指すべく、本拠地NYで取得したヤムナ®ボディローリングの資格も持った、S&Cコーチです。

日本でパーソナルトレーナーとして活動後、単身アメリカへ留学。
アスレチックトレーニング、理学療法やストレングストレーニングを勉強している道中、ニューヨーク発祥のボールをつかったストレッチやローリング法「ヤムナボディーローリング」(YBR)と出会う。
アラバマ大学バーミングハム校(UAB)エクササイズサイエンス学科卒業。

身に付けた技術を武器に米国国内のアスリート、プロフィジーク&フィットネスモデルやプロバレエダンサーを中心に活動してます。

また、一時帰国中は日本国内のラグビーチーム、プロシューター、プロキックボクサー、芸能、シンガー(歌手)、モデルやバレエダンサーをも指導しながら、マッサージ、治療院やクリニックなどでのセミナー、講習会を指導者対象に行ってフィットネス業界、トレーナーの育成も積極的に行っている。

更に、『日本の健康寿命を延ばす』ために、自身のトレーニングも続け、新たな自重トレーニングの考案&プログラム作成にも日々力を注いでいる。

List of all posts

全記事リスト

Latest journals
Category
Tag Cloud

by TopNTagCloud
Welcome!!
Calender
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Search form
Mail Form

Name:
Email Address:
Subject:
Message: