『なにもない』 からつくりだせるもの

こんにちは!

ストレングス&コンディショニングコーチの 川﨑 章広 です!


『なにもない』 からつくりだせるもの

とは。

自分の好きな言葉の一つに、

Somewhere, someone else is happy less than you have.
(自分自身が幸せな人と思えるか、持っているものは関係ない)


だから、自分の周りの無いものを探して、

無いものねだりして自分を不幸にしないでほしい。

いま持っているもので、いま自分がどれだけ幸せか。


物理的に、

裸の自分に服があり、家がある。

仕事があり、車がある。

家族が居て、友達も居る。

使うお金があって、毎日食べていける。


また、心理的、心情的に、

小鳥の綺麗な鳴き声や滝の音、

海の潮風や草原で感じる優しい風、

公園で楽しそうに遊ぶ子供の声。


なにもない、そこに何かがあるのかもしれません。


引き算ではなく、足し算で、幸せを見出せたら、

もっともっと、もっとあなたが世界が幸せになれるんだと思います。



今ある環境に、『ありがとう』 とそれが、

『幸せ』 なんだと思います。



『何も無くたって、幸せ』

私の実家は茨城ですが、

WP_20150629_17_37_30_Pro.jpg
(実家、茨城の写真です)

3年(もっとかな)連続くらいで、日本全国魅力度最下位です。

そうです、下から日本一です。


最下位のことに関して、茨城の人たちは、

なんとも思っていないということが実際のところだと思います。

経済的、商業的な面で見て、

『ビリ』 だとしたら、もっと頑張ったほうがいいと思いますが。

『魅力度』 で、アピールが下手な 『ビリ』 な訳であって、

茨城人は、『ビリ』 でもあまり気にしていないんです。


WP_20150629_17_37_07_Pro.jpg
(綺麗な紫陽花だって独り占め出来るし)

WP_20150624_15_09_57_Pro.jpg
(じゃがいもだってわんさか取れます)

『なにも無くたって幸せ』 なんです。

だって、『なにもないこと』 が存在してますから。


もっと大切なことは、

そこに居る人たちが 『幸せ』 かどうかっていう話だと思います。



都道府県、『幸せ度ランキング』 って、良いですよね☆



話はぶっ飛びますが、

みなさん、ブータンってご存知ですか?

はい、ブヒブヒって、ブタじゃないですよ。

000011346.gif
(Kingdom of Bhutan、ブータン王国の国旗です)

Kingdom of Bhutan、ブータン王国

ブータンは、中華人民共和国の南、ネパールの東側に位置する。


故に、ブータンなのか。

ブータンは、GDP(国内総生産)を重視せず、

GHP(国民総幸福量)世界一の国
を大切にしている国であること、

ご存知ですか。

私も、中田英寿(ヒデ)の世界一周のドキュメンタリーを見るまでは知りませんでした。

GHP(国民総幸福量)世界一の国
とは、

国が、国民一人ひとりの幸せを願っていると言うことです。

もちろん、人によって『幸せ』 って、違うと思います。

それが、『お金』で満たされるのであれば、一生懸命仕事をすればいいし。

それが、『学問(知識)』であれば、一生懸命勉強すれば良い。

それが、世界の 『人と繋がること』 であれば、旅行しまくればいい。


国で、国民の幸せを第一に考えていることって、

本当に素晴らしいと思うんです。




話を戻しますが、

実際、茨城に住んでみると、

田んぼ、畑、山、川、森、竹林、自然が沢山あります。

これを、『何も無い』、と言われれば、そうなのかも知れません。

逆に、これは、都会には『無いもの』 が 『ある』 んだと思います。

つまり、そこにはそこにしか 『ない』 もの。

『ないもの』 が存在している

と思うんです。


なんというか、『無意識』 の 『意識』 というか。

『気づいている』 けれど、実際、 『気づけていない』 というか。

『見ているけれど』 実際、ちゃんと 『見えていない』 というか。


何でもそうですよね。

お客さんのトレーニングを見させていただいても、

ただ 『見ている』 のか、意識的に 『観ている』 『診ている』 のか。


ヒトって適当ですから、考えなくなるんでしょうね。

所詮動物ですから、考えたことが消えていってしまうんでしょうね。


それが 『自然』 であり、『田舎』 なんだと思います。


都会にも、昔あった山や川も、

破壊され、大きな建物が出来ました。


昔はあったものが、今ではなくなりました。


田舎から都会へ、物理的な移り変わりがありました。

人の心も、心理的な、心情的なことも変化があったと思います。


ただ、大切なのは、

他の人と比べて、『ないもの』 を探して不幸になるよりも、

『持っているもの』 を数えて幸せになること、

これがとても大切なことだと思います。


それが、国が、国民一人ひとりの幸せを願っていること。

GHP(国民総幸福量)世界一の国

Kingdom of Bhutan、ブータン王国 なんだと思います。




ちょっと、毒吐かせてください。

そして、今日、

壊してしまってもはや無い国立競技場。

予算と設計などで、見通しがついていませんよね。


しっかりと案が出る前に、

どうして旧国立競技場を壊してしまったのでしょうか?

もう既に、『ないもの』 をどうこう言うつもりはありませんが。

ただ、『Replacement』 が無いのに、

もしくは、しっかりと今後作られる見通しが無いのに、

今あるものを壊す。


そもそもお金も足りていないし、

当初1,300億と言われていたものが、現在2,520億円です。

作るときに場所もしっかり確保できるかわからない。

もしかしたら、国立競技場駅にぶつかるかもとも言われています。


それっておかしくありませんか。

もし、いま現在一軒家に住んでいるとしましょう。

その一軒家を、新築にしようと、

はっきりしない予算案や土地、家のデザインが無い中

いまある家を壊しますか?

そして、壊した後で、やっぱり作るのはやめましょう。

そのようになったらどうでしょうか?


壊してしまって、『Replacement』 が無いのに、

『いま』 住む場所無いですよね?


オリンピックの話ばかりしていますが、

地震や津波で、未だに仮設住宅に入っている人たち。

彼らに何か出来ないのでしょうか?


例えば、出会いの場と健康維持の為にジムや運動の出来る施設を作るとか。

そうすることによって、医療費の削減や介護した地の負担も減ります。

なにより、仮設住宅に住む方の、人生の質も高まります。


仮設住宅で友人が周りに居なくて、活動が減った。

そのことにより、家に寝たきりになり、身体が動かせなくなった。

結果的に、『生活不活発病』 と言われる病の方が増えた。


もちろん、これを防ごうと活動されている方も多く居ます。

私も、もっともっとそのような人と繋がって、

現場で活動して行きたい思いがあります。


何度もいいますが、

本当に 『幸せ』 ってなんなんでしょうか。

日本国が、本当に国民の為に国を動かしているのであれば、

ブータンみたいにはならないにしろ、もっと、

国の中で、本当に必要なことを 『していくべき』 なのではないのでしょうか。

いや、本当に必要なことを 『していきたい』 と想うのではないのでしょうか。


国立競技場なんてもう無いんですから、

ここから、新たなことを 『考え』 て、

国で、国民で、本当に必要なことを生み出して生きたいです。

『何も無い』 は、『何かを作り出せる』

この国に生まれたのだから、

この国を世界のモデルになるように、

まずは、自分から変わって、発信して行きたい。

そう、強く思った日なのでした。




Enjoy your life,

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"




Profile

Aki

Author:Aki
こんにちは、川﨑章広(かわさきあきひろ・通称AKI)です。

詳しいプロフィールはこちら

ストレングストレーニングをより効果的に行なう為のコンディショニングトレーニングの重要性もしっかり伝えることの出来る、ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチを目指すべく、本拠地NYで取得したヤムナ®ボディローリングの資格も持った、S&Cコーチです。

日本でパーソナルトレーナーとして活動後、単身アメリカへ留学。
アスレチックトレーニング、理学療法やストレングストレーニングを勉強している道中、ニューヨーク発祥のボールをつかったストレッチやローリング法「ヤムナボディーローリング」(YBR)と出会う。
アラバマ大学バーミングハム校(UAB)エクササイズサイエンス学科卒業。

身に付けた技術を武器に米国国内のアスリート、プロフィジーク&フィットネスモデルやプロバレエダンサーを中心に活動してます。

また、一時帰国中は日本国内のラグビーチーム、プロシューター、プロキックボクサー、芸能、シンガー(歌手)、モデルやバレエダンサーをも指導しながら、マッサージ、治療院やクリニックなどでのセミナー、講習会を指導者対象に行ってフィットネス業界、トレーナーの育成も積極的に行っている。

更に、『日本の健康寿命を延ばす』ために、自身のトレーニングも続け、新たな自重トレーニングの考案&プログラム作成にも日々力を注いでいる。

List of all posts

全記事リスト

Latest journals
Category
Tag Cloud

by TopNTagCloud
Welcome!!
Calender
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Search form
Mail Form

Name:
Email Address:
Subject:
Message: