食べることは、生きること。

こんにちは!

ストレングス&コンディショニングコーチの川﨑 章広 です!


ここ最近、食について、もっと知りたい。

そんな時にこの一冊の本に出会いました。


最近、何度も何度も読んでいる図書の一冊です。

『食べものだけで 余命3か月の ガンが消えた』

Nutrition.jpg

高遠 智子さんが2014年に出版した本です。

高遠 智子さんのプロフィール

28歳で末期の卵巣ガンにより余命半年の宣告を受ける。
抗ガン剤と放射線治療 で再発を繰り返しながら3年を過ごすが、肺に転移して余命3か月を宣告され治療を放棄する。最後の数か月は好きなことをしようと、車イスで渡仏。薬の副作用で味覚障害を抱えていたが、 モンマルトルのマルシェでトマトを食べた際に唾液があふれ出て、味覚がまだ残っていることを認識する。それまではまったく食べることを放棄していたが、体も心もすべてが食べることでできていることに気づき「食で細胞を活性化し、再生することはできないか」と思い立ち、 単身パリで食の勉強を始める。帰国後、薬膳漢方を学ぶため、約1年中国に渡る。東洋と西洋の食、 素材、知識を活かして、身近な素材で食べて元気になる、自分で自分治し!をテーマに積極的に活動を続けている。




食べることは、生きること。
(高遠 智子さんの本からの一言)

WP_20141111_12_13_40_Pro (1)
(2014年11月新潟の講習会の帰り道にて)

人間は、生きるために睡眠も食事も摂る。

どちらも摂らなければ、身体のシステムに異常をきたし、

いずれ身体がボロボロになる。


そう、食べなくては生きていけませんよね☆

10代の頃から、栄養学、『口にするもの』には凄く興味があり、

飲食には日頃から気をつけております。


いつも、クライアントさんや自分の教え子達、アスリート達には、

"What you take is what you get."
(摂取する物で自分が出来ているんだよ。)

"What you do is what you see."
(行動が姿に表れるんだよ。)

と伝えています。

ただ、何を選ぶか、とても大事になってきます。

高遠さんの本から(Pg.59)

顔が染みだらけの人は、

自分で選んでそうなっています。

高価な化粧品や、

最先端の治療で一時は、消し去ったように感じても、

甘いもの(糖化)や揚げ物(酸化)の摂りすぎは、

全てを破壊します。

充分な保水(野菜、フルーツ、飲み物などの水分)、

保湿(肉や魚の上質なタンパク質、ねばりのある野菜&海藻類、

樹木から取れる恩恵ナッツ)、

日中の紫外線対策(根菜、ビタミンC豊富な酸味のある野菜&フルーツ)を心がければ、

ナチュラルな肌を持続することが出来ます☆



もちろんこれは、なんでも一緒で、

睡眠、食事、休息、トレーニング、コンディショニング、

『何を選ぶか』

なんでもそうですよね。

DSC02285.jpg
(2014年3月アリゾナ州セドナにて、朝食)

今日は特に、『食』 についてシェアして行きたいと思います☆

身体は、基本、口から入るもので作られていますから。

もちろん、例外も御座います。

病気や口から取り込めない人たちは点滴(IV)や注射ををうつかもしれません。


身体には、およそ37.2兆個以上のBody cellsがあるといわれていて、
(文献によっては50兆~75兆Body cellsで身体は構成されるとも言われますーこちら

その全て(Macro level だと - 皮膚、臓器、筋肉、骨、などなど)に

必要な栄養素(PFCやビタミン&ミネラルなど)があり、

酸素、水分、酵素、菌などがあって始めて、

身体というものを構成して、

一つ一つの身体の役割を果たします。



また、1分間におよそ960万個のBody cellsが死滅し、

同時に1分間でおよそ960万個のBody cellsが分裂している

のでバランスが取れていると言われています。



良い食べ物を食べれば、良い細胞が生まれます。

その逆は、その逆です。

これが、根本なのです。



これを理解するだけで、

「あれがいい」「これがいい」という

対処療法をしなくて済みます☆


身体って、本当に食事療法で

コントロール出来るんだと、

それを強く思わされる一冊になっています。

レシピもあり、この一冊で様々なことが実践できます☆

もっともっと、上を目指されるアスリートの方、

身体を変えたいとトレーニングを頑張っている方、

ここに素晴らしいヒントが隠されております。



是非、この一冊を読んで頂けたら嬉しいな、

と想い今日はシェアさせて頂きました☆


皆様の更なる健康を願って。



【参考文献】

Rose Eveleth, Smithsonian.com, SMARTNEWS, "There are 37.2 Trillion Cells in Your Body"on OCTOBER 24, 2013

Department of Experimental, Diagnostic and Specialty Medicine, University of Bologna , Bologna , Italy, US National Library of Medicine National Institutes of Health, "An estimation of the number of cells in the human body." July 5, 2013

NICHOLAS BAKALAR, THE NEW YORK TIMES, "37.2 Trillion: Galaxies or Human Cells?" JUNE 19, 2015




Enjoy your life,

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"




Profile

Aki

Author:Aki
こんにちは、川﨑章広(かわさきあきひろ・通称AKI)です。

詳しいプロフィールはこちら

ストレングストレーニングをより効果的に行なう為のコンディショニングトレーニングの重要性もしっかり伝えることの出来る、ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチを目指すべく、本拠地NYで取得したヤムナ®ボディローリングの資格も持った、S&Cコーチです。

日本でパーソナルトレーナーとして活動後、単身アメリカへ留学。
アスレチックトレーニング、理学療法やストレングストレーニングを勉強している道中、ニューヨーク発祥のボールをつかったストレッチやローリング法「ヤムナボディーローリング」(YBR)と出会う。
アラバマ大学バーミングハム校(UAB)エクササイズサイエンス学科卒業。

身に付けた技術を武器に米国国内のアスリート、プロフィジーク&フィットネスモデルやプロバレエダンサーを中心に活動してます。

また、一時帰国中は日本国内のラグビーチーム、プロシューター、プロキックボクサー、芸能、シンガー(歌手)、モデルやバレエダンサーをも指導しながら、マッサージ、治療院やクリニックなどでのセミナー、講習会を指導者対象に行ってフィットネス業界、トレーナーの育成も積極的に行っている。

更に、『日本の健康寿命を延ばす』ために、自身のトレーニングも続け、新たな自重トレーニングの考案&プログラム作成にも日々力を注いでいる。

List of all posts

全記事リスト

Latest journals
Category
Tag Cloud

by TopNTagCloud
Welcome!!
Calender
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Search form
Mail Form

Name:
Email Address:
Subject:
Message: