侍セブン・トレーニング⑤

こんにちは!

ストレングス&コンディショニングコーチの 川﨑 章広 です!


先日、野外での侍セブンのストレングストレーニングを担当させて頂きました!

DSC04299.jpg
最初は、ジョグから、その後、ゆっくりとしたツイストのあるブラジル体操から、
T-Spine & 股関節周りもしっかりと動かしていきました。


Samurai 20150516

前回、一時帰国時に行った野外でのサーキットトレーニングは、

試合の後半のスタミナを意識したCardio(心肺機能)メインでまた別の目的でした。

今回は、もっと一つ一つのトレーニングに意識をして頂いた内容のサーキットにいたしました。


では、どうして『サーキットトレーニング』を行うのか?

私の中には、


生理的な限界よりも心理的な限界を超えるトレーニングが必要だから。

→ スポーツの試合の後半などで感じる無酸素状態(疲労感)、 『辛い』 と感じる局面を再現しやすいから。

→ セット数を増やし、インターバルを無しで行うことによって、無酸素状態を作り上げることが出来、サッカーやラグビーなどのスポーツ特有のストップ&ゴーの局面の再現、またその局面で来るゴール前のシュート、トライまでのランなどのパフォーマンス時のことを思い浮かべたトレーニングを指す。


全身の筋肉をバランスよく鍛えられ、スポーツに必要な心肺機能向上が図れるから。
(心肺機能の向上、これは、サーキットトレーニングの種類にもよりますが。)


筋肉に、普段と違う刺激を入れたいから。
(既に、しっかりとレジスタンストレーニングは、個人で行っているから。)

などの大きな理由があります。


Samurai Station circuit
全部で12種目のサーキット。下半身の種目が6つ、上半身6つで構成されてます。

正しいフォームでテンポ良く、フルROMで。

二人一組なので、お互いにフォームのチェックや励ましあうことも意図して。


行った内容は、

LG、SQ、JSQ、HK、BP、JSTS
PU、SPH、PL、PLPU、RS、など。

1つのステーションを30秒の12ステーション。

これを、コンタクト練習前のアップ代わりに、

インターバル無しで、2セットだけ行いました。


本来は、3~6セットは入れたいですね♪



皆さん、最後までしっかりと自分を追い込んでいました!


強いて言えば、中には数名、動画を見るといまいちフォームがあまかったり、

フルの可動域のエクササイズになっていなかったりと、

私自身の指導力の甘さが出てしまっていることに気がつかされました。


もっともっと、『気づき』の能力、必要ですね。


一つ一つ、『ただ、やる』 のではなく、『ただ、やらされている』 のではなく、

『考えながら、どこに効いているのか』 を追求出来る

アスリート育成をしていきたい!


もっともっと高いレベルの志導が出来るよう粉骨砕身です!!!
(友人の言葉、『志導者』を使わせていただきました。)


しっかりとした、『志導者』 になれるよう、

志を導く者になれるよう、日々、精進していきます!




Enjoy your life!!!

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"





Profile

Aki

Author:Aki
こんにちは、川﨑章広(かわさきあきひろ・通称AKI)です。

詳しいプロフィールはこちら

ストレングストレーニングをより効果的に行なう為のコンディショニングトレーニングの重要性もしっかり伝えることの出来る、ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチを目指すべく、本拠地NYで取得したヤムナ®ボディローリングの資格も持った、S&Cコーチです。

日本でパーソナルトレーナーとして活動後、単身アメリカへ留学。
アスレチックトレーニング、理学療法やストレングストレーニングを勉強している道中、ニューヨーク発祥のボールをつかったストレッチやローリング法「ヤムナボディーローリング」(YBR)と出会う。
アラバマ大学バーミングハム校(UAB)エクササイズサイエンス学科卒業。

身に付けた技術を武器に米国国内のアスリート、プロフィジーク&フィットネスモデルやプロバレエダンサーを中心に活動してます。

また、一時帰国中は日本国内のラグビーチーム、プロシューター、プロキックボクサー、芸能、シンガー(歌手)、モデルやバレエダンサーをも指導しながら、マッサージ、治療院やクリニックなどでのセミナー、講習会を指導者対象に行ってフィットネス業界、トレーナーの育成も積極的に行っている。

更に、『日本の健康寿命を延ばす』ために、自身のトレーニングも続け、新たな自重トレーニングの考案&プログラム作成にも日々力を注いでいる。

List of all posts

全記事リスト

Latest journals
Category
Tag Cloud

by TopNTagCloud
Welcome!!
Calender
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Search form
Mail Form

Name:
Email Address:
Subject:
Message: