『イベント = きっかけ』

こんにちは!

ストレングス&コンディショニングコーチの 川﨑 章広 です!


先日、都内で、

『自然治癒力を高めるセルフボディメンテナンス方法 Part. 2』
〜正しいアライメントとポスチャー(姿勢)編〜


と題して、ワークショックを開催しました。

2015-5-27 Yamuna
(また素晴らしいグループでの集合写真!!)


当初は、スタジオの大きさの関係上、8名を予定していましたが、

定員オーバーの11名の方にご参加いただきました!!


今回は、パーソナルトレーナーの方、理学療法士の方、バレエの先生の方、

エアロビクスインストラクターの方、ピラティスインストラクターの方、オフィスで働いている方、

現役大学生(ハンドボール選手)などなど、様々な職種の方にご参加していただけました!


今回は、平日にもかかわらず、お仕事を有給を取ってまで再受講していただいた方や、

この日の為に、スタジオのクラスに代行を立てて頂き、

また受け持っていたクラスをその前日に行なって講習会に時間を作ってくださった方、

とても嬉しく、終始、幸せな気持ちで進めさせて頂きました!

本当に、ご参加有難う御座いました!


Sideline routine (Upper)
(落ちた肋骨を広げるための、サイドラインルーティン)

Abdominal routine 2
(全ての方に、特に腰痛の方、仙腸関節の詰まり、坐骨神経痛を持っている方、
ストレスを溜めやすい方の為のアブドミナルルーティン)


TFL to IT band routine
(歩行時や普段から、過筋張筋として名の知れる、太腿外側の筋肉、
大腿筋膜張筋やIT bandのとれる座ったまま出来る、TFL-IT band ルーティン)


Spine routine
(背骨一つ一つにあるべきスペースを、ストレスを感じたり、
身体に疲れを感じている方へお勧めのスパインルーティン)


Sternocleidmastoid muscle
(猫背から来る頚の筋肉の過緊張、アブドミナル、サイドライン、チェスト
ルーティンと一緒に、胸鎖乳突筋&斜角筋のルーティンで過緊張を解きます)



定員オーバーで少しスタジオが狭く感じたかもしれませんが、


皆様に 『日頃』 から 『身体の声』 を聞き何をすべきか、

セルフメンテナンスの重要性、自然治癒力の高め方をシェアできたのであれば嬉しいです。



また、私はいつも、

『イベント = きっかけ』

であればと願っております。

ワークッショプにイベントとして行なっていることが、

私達が行なっているワークッショプを通じて、

普段からお家でもお仕事場でも

ご自身で行なって頂ける 『きっかけ』 になって頂けたのなら更に嬉しいです!




『どうしてコンディショニングに力を入れて活動しているか』

持論ではありますが、私自身、ストレングス&コンディショニングとして活動していますが、

日頃から感じることがあり、コンディショニングの重要性を訴えるようになりました。


それは、ストレングストレーニング(いわゆる、筋トレ)はするけれど、メンテナンスはしない。

ストレッチしても、効果が出ているかわからないからしない。

まだ、若いしコンディショニングいらないかと思うからしない。

ストレングスだけしていれば、身体強化できてるし怪我しないからしない。

などなど、聞いたことあります。


では、実際どうなんでしょうか?

私も、友人同様、いつも身体の説明の時は 『車』 でさせて頂いてます。
(皆様も普段から使っているので理解してもらいやすいので)

車って、新車で買って、ずっと何もせずに廃車になるまで走り続けられますか、ということです。

色々、メンテナンスが必要ですよね?


では、どうして人間がメンテナンスなくして、怪我や病気無しで生きていけますか。

と、質問が出てきます。


稀に、一生なのも怪我も病気もしなかった人は居るかもしれませんが、

殆どの人が、人生一度は、風邪ひいたり、擦り傷、骨折、脱臼などしたことがあると思います。

その時に何をしますか?


ということを頭に入れて、『車と人間の身体』 に当てはめていきましょう。

今回説明の抜けた、『動作評価』 や 『人間ドック』 が、

それこそ 『車検』 になります。


『オイルチェンジ』 などのチェックアップが、

『定期的な治療、診察』、歯で言えばクリーニング(歯石取り)など。


また、日々の 『セルフメンテナンス』 が、

車の日々の 『エンジン音チェック』『空気圧チェック』 になるんだと思います。


突然の頚の寝違いや腰部下部の過緊張のぎっくり腰では

(車のタイヤがパンクしていたら)走れないですものね。



コンディショニングには、様々なものがあります。

ストレングスにも色々なものがあります。


いま、自分がやっているストレングストレーニングとコンディショニングの比率を考えてあげてください。

どのくらい身体かコンディショニングを必要としているか、身体の声を聞いてあげてください。


身体の声を聞くことが出来たのならば、今すべきこと、身体の必要なことが自然と見えてくると思います。


これは、セルフメンテナンスで今回ご紹介したものだけではありません。

身体の欲するもの、食事もそうです、心のメンテナンス、音楽を聴くこともそうです。


身体の欲するものを、そのタイミングで身体にしてあげれるように、

身体の声を聞いて、身体を労わってあげてください。


だからこそ、

ストレングストレーニングとコンディショニングのバランス

がとても大切だと強く思うんです。


全てが大事、だから今何をすべきか、身体の声をしっかり聞いてあげれるように、

そんな人たちがこの世界にもっともっと増えることを願って、イベント活動していきます!



最後に、

日本で、講習会、ワークショップを行なう度に感じることのシェアです。

本当に、向上心溢れる熱意ある、素晴らしいグループの皆様と

素晴らしいお時間を共有出来、とても嬉く、幸せです♪

 


最後の最後に、

Special Thanks to ごっきー

いつも突然の思いつき、投げかけにも関わらず、

一緒に、イベント企画、告知、本当に有難う御座います!

今回の一時帰国、本当に、ごっきーのお陰で、

日本でとても有意義な、超充実した時間を過ごさせて頂いてます!

本当に、本当に、ありがとう。。。

Meat at dinner after workshop
(上野の 『とらじ』 の焼肉、美味しかったね♪)

Dinner after workshop
(ナイスなディナーのあとの一枚♪)



Enjoy your life!!

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!"





自分から発信していくこと。

こんにちは、

ストレングス&コンディショニングコーチの 川﨑 章広 です。


5月10日に開催した、

「自然治癒力を高めるセルフボディメンテナンス方法」のセミナーに

ご参加頂いた方、お疲れ様でした♪


今回は、企画から開催までわずか1週間で、

殆ど告知できていない中、

また、都内開催にもかかわらず、

8名と多くの方が、遠方より片道1時間以上、

千葉、埼玉、さらに遠方は名古屋からお越し頂き、

誠に有難う御座いました!


ご参加頂いた方には、

パーソナルトレーナーの方、リウマチや頚椎ヘルニアでお悩みの方、

ジムのインストラクターの方、デスクワークされている方、バスケ選手の方など、

ユニークでアットホームな感じで受講していただきました♪


今回も皆様に、

ご自身でされるセルフメンテナンスの大切さや、

YAMUNAの良さを共有出来たのではないかなと感じております!



本当に皆様のお陰でとても楽しく、私達夫婦共に、

有意義なお時間を過ごさせて頂きました!


ご参加頂いた、パーソナルトレーナーで活躍中の
ダニエラさんのブログでフィードバックも頂いております♪

誠にありがとう御座いました♪


2015-5-10 YAMUNA
(数名帰られた後に撮った、セミナー後の集合写真です♪)


自分から発信していくこと。

その為に、動くこと、行動すること。


海外生活10年になる自分にとって、

日本で還元していくことは最大の喜びです。


学んだことを母国の地で還元していく、

母国の方を健康で幸せにしていく。


これは、本当に自分にとって最大の喜びだと、

心より、感じております。


2015-5-10 YAMUNA 1

また、自分が学んだことをしっかりと、

『どうして』そうなのか。


一緒に、しっかりとした理由も、

また、お伝えしていくものが

一方通行しないためのフォローアップも。

モノログ(Monologue)でなく、ダイアログ(Dialogue)でありたいから。

(なにか伝えることは自己満であってはいけないと思うんです。)



自分達が発信していることが、お伝えしていくことが、

皆様の人生を変えられることの出来る、

一生ものになっていただければと強く願っています。



もっともっと成長して、

もっともっともっと多くの人を幸せにするために!

自分が生きているうち一生、精進してまいります!





もしあなたなら、

『何かを変えるには』、どうしますか。


いまある自分の心と向き合って、

今あることを変えるために何がしたいですか。



この『どうして』という疑問から、

今の自分があるんだと感じます。


世界を健康で幸せ溢れるものにして行きたい。





最後になりましたが、

Special Thanks to Yutaka Gokita


いつもセミナーの企画、告知、全てを、

日本でのつながりのあまり無い自分の為に、

心より感謝申し上げます!


このくらいしか自分も出来ませんが、

ごっきーの今後のセミナー紹介です♪


本当に、良い内容のセミナー、

また、ごっきーからだからこそ、意味のあるセミナー、

是非ご参加ください!


ごっきーのセミナー案内♪

「動作評価に基づく改善戦略1(胸椎)」

日時:5月24日(日)20時30〜22時30

場所:パーソナルトレーニングスタジオBody Base葛西本店
   東京メトロ東西線葛西駅 徒歩1分

定員:6名

対象:運動指導に携わる方など

料金:7,560円(当日払い)

講師:五木田穣(http://yourbestsolution.jp)

内容:動作評価(FMS)の結果から、動作をどう改善に導くかの修正戦略の

考え方を学ぶ。胸椎に関連するコレクティブエクササイズの紹介。
翌日からの指導にすぐに活かせる実践的な内容です。

備考:※合わせてご参加いただくことで理解が深まります。
   5月24日 動作評価に基づく改善戦略1(胸椎)
   6月21日 動作評価に基づく改善戦略2(股関節)
   7月19日 動作評価に基づく改善戦略3(コア)



また、ごっきーにお願いしてセミナー近日中に開きますので、

ご縁がありましたら、またお会いいたしましょう!



Enjoy your life!!!

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"




自分が変れば、周りも変れる。

こんにちは、

ストレングス&コンディショニングコーチの 川﨑 章広 です。

タイムリーな更新ではないのですが、
先日4月29日に、専門の同期である日本で大活躍中の 五木田 穣 氏(ごっきー)と

「動作評価に基づく運動指導の考え方〜soft tissue(軟部組織)へのアプローチ〜」

といった内容で、コラボセミナーさせて頂きました♪

皆様と一緒に何か出来たこと、

このような機会をくれた、ごっきーには感謝しきれません。。。
本当に、有難う御座います!

ごっきーは、日本のトレーナー界の底上げ、
また、運動指導者ができること。すべきこと。をしっかりと周りのフィットネス業界、
医療関係の同業者に訴えている、

私がもっとも信頼するといっても過言ではないパーソナルトレーナーの一人です!


DSC04232.jpg
(セミナー前の機材チェック)

第一部
DSC04235.jpg
(ごっきーによる動作評価に基づく運動指導の考え方の講義中)


DSC04258.jpg
(Functional Movement Screenを取り入れた動作(Mobility&Stability)チェック。)


DSC04255.jpg
(FMSのHSテスト中~)


DSC04264.jpg
(コラボって楽しそうな主催者2名♪)

第二部、
DSC04266.jpg
(皆で YAMUNA BODY ROLLING♪)


そして、

セミナー後の集合写真を取らせて頂きました♪

DSC04271.jpg
(最後に皆で♪)


セミナーに参加して頂いた方は、とてもユニークなグループでした♪

ランナーの方、空手の指導者、現役大学生、ピラティスインストラクター、学校教師、施術師、
パーソナルトレーナー、ジムインストラクター、整体師などなど!


その中で、

同い年のTake さん
空手指導者のすぎさん

彼ら自身のブログでセミナーのフィードバックを書いてくださいました♪

こうして、


また、セミナーに参加して頂いた方には、

引き続き、ごっきーのセミナーにご参加して頂いて、
私達が教育者であり指導者がすべきこと、

どうすれば、結果的に世界を良く出来るのか、
ということがもっと具体的に見えてくるのだと信じています!!!

ごっきーのセミナー案内

「動作評価に基づく改善戦略1(胸椎)」

日時:5月24日(日)20時30〜22時30

場所:パーソナルトレーニングスタジオBody Base葛西本店
   東京メトロ東西線葛西駅 徒歩1分

定員:6名

対象:運動指導に携わる方など

料金:7,560円(当日払い)

講師:五木田穣(http://yourbestsolution.jp)

内容:動作評価(FMS)の結果から、動作をどう改善に導くかの修正戦略の

考え方を学ぶ。胸椎に関連するコレクティブエクササイズの紹介。
翌日からの指導にすぐに活かせる実践的な内容です。

備考:※合わせてご参加いただくことで理解が深まります。
   5月24日 動作評価に基づく改善戦略1(胸椎)
   6月21日 動作評価に基づく改善戦略2(股関節)
   7月19日 動作評価に基づく改善戦略3(コア)



まずは、自分自身から

自分が変れば、周りも変れる
(たとえ変れなくとも、変ろうと思うきっかけになれるはず)

自分が幸せな言葉を選んで話していれば、

周りの人は自然と幸せそうになっていくもの。

だから、自分が笑顔で元気で幸せであるために、

まずは自分自身のお身体を大切に、

自分の身体を知って行きたい!


というわけで、

私自身、今回の一時帰国中、最後のセミナーの開催のご案内

YAMUNA 2015.5.10

「自然治癒力を高めるセルフボディメンテナンス方法」

日時:5月10日(日)13:00〜17:30
   12:45〜受付開始
   13:00~15:00 Save Your Legs Series & Center line
   15:30~17:30 YAMUNA with Calf (Black) Balls

内容:前半 Save Your Legs Series
      Silver ball で行える下半身(ハムストリングス、クアド、
      TFL-IT band、アダクター、カーフなど)から身体のセンター
     (脊柱)へのアプローチ。

   後半 Calf ball の使い方
      Black ball を用いて行える detail work、脚(ハムストリングス、
      クアド、TFL-IT band、アダクター、カーフなど)、お尻(深層
      外旋六筋、殿筋群など)、背中(起立筋、僧帽筋、菱形筋など)、
      肩(三角筋、大円筋、棘上筋、棘下筋など)、胸、腕への
      アプローチ。

場所:レンタルスタジオあまがえる
   総武線&中央線御茶ノ水駅より徒歩4分
   千代田線新御茶ノ水駅より徒歩2分
   都営新宿線小川町駅より徒歩3分
   丸の内線淡路町駅より徒歩3分
   京浜東北線&山手線&つくばライナー&日比谷線秋葉原駅より徒歩12分
   山手線&中央線&銀座線神田駅より徒歩13分
   三田線&半蔵門線神保町駅より徒歩10分
   東西線竹橋駅より徒歩10分

定員:10名(ボールをお持ちの方はご持参ください)

対象:一般の方、アスリートの方、運動指導者、治療者、全ての方にお勧めです。
   特に、セルフメンテナンスの方法を習得したい方、お勧めいたします!!!

料金:事前申し込み ¥10,000 (前後半)、¥6,000 (前半のみor後半のみ)
     当日払い ¥12,000 (前後半)、 ¥7,500 (前半のみor後半のみ)
    ボール貸出 ¥500

   ※ご持参いただいた方は貸出料金はいただきません。
   ※当日、ボールをご購入できます。
   ※ ご参加いただける方には、手作りで解り易い Yamuna エクササイズの
    資料ももれなくプレゼントさせていただきます♪


それでは、ご興味のある方、

健康にありたいと思うけれどきっかけがという方、

トレーニングはするけれど、コンディショニングがというアスリートの方、

どんな方でも必ず新しい発見があるかと思います!

この機会に是非 YAMUNA、セルフコンディショニングの術を習得なさってみてください♪


お会い出来ること、楽しみにております!




Enjoy your life!!!

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"





新潟でのワークショップ終了!

こんにちは!

ストレングス&コンディショニングコーチの 川﨑 章広 です。



昨日11月8日には、新潟の若林バレエスタジオにて

バレエのための基礎体力筋トレと、基本のヤムナ®をご紹介する

ワークショップを開かせていただきました。


はじめての新潟でしたが、

若林先生をはじめ、助教師の方々や

参加していただいた若い生徒さんも全員、熱心にクラスを受けてくださり、

最後には積極的な質問がたくさんあり、とてもよいワークショップとなったと思います。


前回、札幌で行ったセミナーのように

普段バレエのクラスで使わない筋肉をも強化して

さらなるバレエのテクニックの向上と、

怪我の予防のために良いトレーニングを紹介してきました。


そして、ヤムナのクラスも好評だったようで、

内転筋などのルーティンでは「あ゛~~~!」という感動の?声も聞こえました。

(↓写真は、背中のルーティン中)
DSC03188_convert_20141116105131.jpg


全身のためのたくさんの筋トレのあと、ヤムナでほぐしたので

次の日には、全身気持ちの良い筋肉痛を迎えたのではないでしょうか。


次の日には文化祭の舞台もあって、お忙しい中でも

基礎体力と、自己管理、怪我の予防の大切さに深い理解を示していただき

ワークショップの開催に協力していただいた、若林先生に感謝いたします。


今回は1日だけで、まだまだお伝えしたいこともたくさんありましたが、

また新潟の皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!!


DSC03193_convert_20141116104335.jpg

Enjoy your life!!

Aki

"Where there is a will, there is THE way!!"



母校にて ~専門学校編~

こんにちは!

ストレングス&コンディショニングコーチの 川﨑 章広 です。


今日は、私の母校である専門学校で、東京にある

ヒューマンアカデミー スポーツカレッジにて

特別講義をさせていただきました!

DSC03129_convert_20141217160408.jpg
  左: 高橋先生       中央: 川﨑 章広         右: 小澤先生


講義、と言っても私の場合は、生徒さん参加型

テーマを投じ、自分で考えて、書いたり口に出してみることによって

より明確になったり、新たな疑問点や、修正点、

さらに良くしていくための詳細を加えていったり、と膨らませていく作業。

そのお手伝いができれば、という気持ちで、

私の大事だと思っているテーマでお話しさせていただきました。


今回は、トレーナーや、スポーツ、健康にかかわっていったりと、

私と似た分野の勉強をしている生徒さんたちが対象。


話がすすんでいくにつれ、生徒さんの目つきも、

どんどん輝いていくのを目の当たりにすることができました。


講義を終えた後も、何人もの生徒さんが列を作り、

いろいろな質問、悩みなどをお話しに来てくれ、私も感激いたしました。

みなさんそれぞれの心の中の何かに、火をつけるきっかけとなれたとしたら、嬉しい限りです。


この講義を実現するためにご尽力していただいた、恩師の方々に

本当に感謝いたしております!

久々の再会、そして、未来に羽ばたく若者たちとの出会いに、私も刺激を受けました!

ありがとうございました!!


WP_20141106_14_33_37_Pro_convert_20141116140722.jpg
~特別講義の様子~



Enjoy your life!!!

Aki

"Where there is a will, there is THE way!!"




Profile

Aki

Author:Aki
こんにちは、川﨑章広(かわさきあきひろ・通称AKI)です。

詳しいプロフィールはこちら

ストレングストレーニングをより効果的に行なう為のコンディショニングトレーニングの重要性もしっかり伝えることの出来る、ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチを目指すべく、本拠地NYで取得したヤムナ®ボディローリングの資格も持った、S&Cコーチです。

日本でパーソナルトレーナーとして活動後、単身アメリカへ留学。
アスレチックトレーニング、理学療法やストレングストレーニングを勉強している道中、ニューヨーク発祥のボールをつかったストレッチやローリング法「ヤムナボディーローリング」(YBR)と出会う。
アラバマ大学バーミングハム校(UAB)エクササイズサイエンス学科卒業。

身に付けた技術を武器に米国国内のアスリート、プロフィジーク&フィットネスモデルやプロバレエダンサーを中心に活動してます。

また、一時帰国中は日本国内のラグビーチーム、プロシューター、プロキックボクサー、芸能、シンガー(歌手)、モデルやバレエダンサーをも指導しながら、マッサージ、治療院やクリニックなどでのセミナー、講習会を指導者対象に行ってフィットネス業界、トレーナーの育成も積極的に行っている。

更に、『日本の健康寿命を延ばす』ために、自身のトレーニングも続け、新たな自重トレーニングの考案&プログラム作成にも日々力を注いでいる。

List of all posts

全記事リスト

Latest journals
Category
Tag Cloud

by TopNTagCloud
Welcome!!
Calender
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Search form
Mail Form

Name:
Email Address:
Subject:
Message: