Bone Alignment (骨のアライメント)ー骨と骨の間のスペースの意味

こんにちは、

ストレングス&コンディショニングコーチの川﨑 章広 (アキ)です。

以前に、「どうして姿勢を正すのか?」というブログを書きました。
それに、ついて少し言及したく、新たなタイトル

「Bone Alignment」

posture.png


といことで、書かせていただきます☆


骨と骨の間のスペースの意味

身体は、206個の骨で構成されております。
また、その骨たちは多くのユニークな形があり、その骨たちは(上下左右に)隣り合わせに配置され、それぞれの骨の間に少なからずスペースが存在します。

このときの「スペース」の意味ですが、血液や神経が圧迫されないように「あるべき空間」と考えていただけると良いかと思います。

例えば、「硬い一つの骨」と思われがちな頭蓋骨や骨盤も複数の骨で出来ていて、触ってみるとスペースを感じることが出来ます。

こうした骨と骨のスペースから神経や血管、リンパ管などが出ている部位も多く、これらを刺激する(スペースを取り戻す)ことで身体の本来あるべき働き(自然治癒力)を高めることも出来ます。

これはちょうど一年前に書いたブログからですが、

「姿勢が悪いとどうして身体に頸、腰痛や膝痛などの筋肉性、神経性、内臓系などの異常が発するのでしょうか?


悪い姿勢 → 脊椎による神経の圧迫 → 神経、血液の働き、流れの悪化 
 (→ 肩こり、腰痛、手足の痺れ&腫れ)→ 内臓器の働きの悪化 


ということを綴らせて頂きました。
詳しくはこちらから。

筋肉が過緊張気味になって骨のアライメントが崩れる。
筋肉が弱化して、骨を正しい位置に保てなくなる。

これらも「骨のアライメント」が崩れる原因で、これらが、「関節のスペース」をも奪います。

大切なものを沢山入れたハンドバックを利き手、肩にかけて置く人もそう。
骨のアライメントが以下のように崩れます。

Scoliosis.jpg

そうすると、どこかの関節が圧迫されスペースがなくなります。
更に、一つの「骨のミスアライメント」が他の骨の「ミスアライメント」を引き起こし、負の連鎖が始まります。

ただ身体のことをしっかり理解していれば、身体のことを感じることが出来ていれば、どこの関節にスペースが必要なのか、どことどこの関節が関係しているのか理解していれば、身体を負の連鎖から開放できると、私は考えます。

一つ、身近な例でお話ししていくとすれば、目が疲れた時などにおさえるこみかみは、頬骨(きょうこつ)と蝶頸骨(ちょうけいこつ)の間にあるスペース(くぼみ)。ここを軽く指で刺激すると目の疲れが軽くなるような経験をされた方も少なくないのではないでしょうか。

このようにして、人は自分の身体の不調を感じ取り、身体に対する理解を深めていくことさえ出来れば、必要なところにスペースをつくり滞りを解消していくことも可能になるのです。

関節も骨と骨のスペースのこと

関節が詰まると神経や血液、様々な流れが悪くなり、身体の働きも悪くなっていきます。骨と骨のスペースだけでなく、背骨や骨盤にあいている穴の多くはツボと呼ばれ、人体では大切な箇所としても伝えられています。

本当に、身体って奥深いですよね。

東洋は、中国何千年の歴史とか言いますし、西洋はまだ日が浅いのに研究結果で物事を語っていますし。
いずれにせよ、身体は本当に未知の世界。

その中で私達が出来る事をしっかりと皆様に還元していきたいと思います。


普段からの立ち姿勢や、走ったり、ジャンプしたり、重力に逆らって何かを行なうことによってなくなる骨と骨との間のスペース。
これを如何に取り戻し、如何に正すか。

生活習慣によって、普段の癖によって身体はつくられてしまいます。
良い習慣があれば良い姿勢が手に入るでしょう。

ところが、良い姿勢を意識してもなかなか簡単に出来ないから、日本人の成人の9割の人が人生に一度は腰の痛みを経験したことがあるといわれているくらいです。

60歳以上で多いのは「脊柱管狭窄症」で、脊柱(背骨)の中の神経が通るスペース(空間、脊柱管)が狭くなり、神経が圧迫されて腰痛が現れる症状である。


骨のアライメントを正すこと

骨と骨の間に適切なスペースを取り戻すこと。
神経や血管、リンパに正しいスペースを与え、全ての通りをあるべき姿にしてあげること。


「筋膜リリース」などと謳われるようになっておりますが、私は個人的に「骨のアライメント」を正すために行なう一つの方法として考えております。

「Bone Alignment」

「骨のアライメント」を正し、「骨と骨と間のスペース」をつくること。

これを考えながら、これからも人をしっかりと健康に、そして、幸せに。
怪我の少ない、身体の能力を最大限に使いこなせる身体つくりをお手伝いしたい。


Enjoy your life!!!

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"






【It is meant to be, but you got to work on it hard to make it happen】

こんにちは。

ストレングス&コンディショニングコーチの川﨑 章広です。


いつかある方にメールをしたときに、私の想いを再確認しました。

そのときのメールの内容を、少しご紹介させていただきます☆


『○○さん、

メールの度に、いつも○○さんのお身体の事を考えています。
睡眠摂っていますか、お仕事でご無理していないですか?
お身体、本当にご自愛ください。

あの時の自分を育ててくださったのは、その時私の周りにいた方であって、それも巡りあわせだと想っております☆
なので、当時の自分を「なにくそっ」って想って頑張るエネルギーをくださったのも○○さんはじめその他、私にアドバイスやご意見をくださった少数派の方々にとても感謝しております!!!

全てが無ければ、何が欠けても自分はいないですから。

まだ、米国に戻るチャンスがあるかもしれないので、Houston Balletがビザを更新申請中ですので、日本でビザを待たされている期間に今までやりたかったことを日本に還元出来たらという想いで、活動しております。

子供の頃からの神経系なところからのアプローチ、身体の使い方、コーディネーション、セルフケア、セルフフィックスの力、食事、メンタルの重要性。このことをゴールデンエイジ、その前の世代にお伝えしていけたらと強く感じております。

本当に、これからどのように私がこの業界に携われるかは、人とのめぐり合わせやタイミングもあると思いますが、やれることやって少しずつbetterに出来るようにお手伝いできればと考えております。

少しずつ、日本にもこのSports Medicine Teamを当たり前に出来るシステムを構築できるようにと考えております。チームになって選手をみる。チームを観る。コミュニケーションを取って、もっともっと上のレベルを目指して、人としての付き合いをしっかりとしていけたらと考えております。

○○さん、本当に、私が米国に戻る前に(いつになるかまだ未定ですが)、お会いしましょう☆
こうしてまた繋がることが出来ているのは「意味がある」と思っております!!!

It is meant to be.
「全てに意味がある」


Where there is a will, there is THE way.
「意志あるところに、『己の望む』道が出来る」


まだまだ未熟で成長しきれていない私ですが、○○さんにお会い出来ること、心より楽しみにしております!!!

お身体大切に、ご自愛ください☆

失礼致します。

あき』



It is meant to be, but you got to work on it hard to make it happen

全てに今がある。
でも、全てを意味あるようにしたいなら、
全力でその結果を生み出せるように動くこと。



つまり、

全力でトライすることが、その結果を生み出してくれる。

だから、比べるわけではないけれど、

一日、人の3倍、4倍の生き方をすること。


30、40年で120年分の人生を生きること。



Enjoy your life,

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"



【夢ノート】

こんにちは。

ストレングス&コンディショニングコーチの川﨑 章広です。


人の夢を聞くこと

12873544_947249554269_798637779_o.jpg


語るのも好きですが、人の夢を聞いているととてもワクワクします。

「夢」って、どういうわけか、

自然と話している方も聞いている方も「元気」になれます。


「ゆめ」って、本当に元気になれるし、「生きる力」を与えてくれる。




私も「夢」は沢山あります。

その「夢」を「夢ノート」に綴るようにしております。


12734037_941114334299_3645072338912517059_n.jpg


「夢」を綴っていると、本当の「自分」が見えてきます☆

良い意味で、「自分」がどれだけ小さくて、

どれだけ無力なのかも見えてきます。


だから、今から何をどのように行なっていったら、今よりも成長できるかも見えてきます。

「今を知ること」、「現状を知ること」

とっても自分を成長させてくれる私の大切なノートです。

「今」を知ることが出来るから、「次」に繋がることが思いつく。


それは「必然」であって、もっと「成長」出来るための糧となる。

人間もともと備わっている「感じる」という想いを大切にして生きて行きたい。


もちろん、「理論」も大事。

でも、本来人間が持っている「感じる」ことを忘れないで、

大切にその能力を引き出して行きたい。


「夢」について語ること。


「夢ノート」は一生、書き続けたい

12528622_947242079249_1557853847_o.jpg


私もずっと書いていませんでした。

19歳の時(もう12年前ですか?早いですね。。。)、

都内の某スポーツクラブでバイトをしている時に

私の人生を大きく変える運命の方と出会いました。


その方に、「何でも良いから自分の想いを書きなさい」と言われました。

熱い想いはあっても、口だけだった俺に、彼は私に宝物を与えてくれました。

自分の「夢」を書き記すという宝物。


そして、私は、そのノートを「夢ノート」として表紙を飾って、書き始めたんです。

最初は、何を書いて良いかわかりませんでした。


でも、自分のノート。

何でも書いていいんです。


そうすると、夢はどんどん叶っていきました。

書いたことが、どんどん「実現」していったのです。


直近の10年プランを書き出す

「・ ~。」は、当時19歳の時に立てたプラン、書いていたこと。
「(~。)」は、その後、数年たって実際にやってきたこと。

19歳だった俺は、米国に行ってATCを獲る。
(当時は、なぜかATCという言葉に魅力があったのでしょう、絶対取ると思っていました☆)

そのために資金稼ぎをする。
(20~21までの1年半は、バイトを3つ掛け持ちして睡眠時間4時間で月25万くらいは稼いで渡米資金を稼いでました。あそこまでは、もう出来ないですね。)

出来るだけ節約する。
(食べることが大好きな自分は、お給料のたびに「身体が喜ぶご飯」を食べていたので、しっかり節約できていたかはわかりませんが、渡米資金150万くらいは自力でためました。)

語学学校に入る準備をする。
(留学していた先輩の力もお借りしましたが殆ど自力でI-20を取得から、学生ビザ取得まで自分で行なう(留学するなら当たり前ですが)。)

米国でも一番安い、日本人が少ない場所に行く。
(治安もそこまで良かったかわかりませんが、ミシシッピ州のUSM語学学校に入りました。その後、ミシシッピ州のMGCCCという短期大学へ進学、卒業。)

短大をどこに行くか決める。
(色々な人に助けられ奨学金を沢山もらえて、一学期で $1,000くらいしか払わずに、2年間生活できました。)

大学にどうやって編入するか決める。
(最初は、ATC取得の為、Florida Universityを狙っていましたが、私のしたいことがPTよりだったことから大学を調べなおして、The University of Alabama at Birminghamに行くことにしました。UAB卒業しましたよ笑)

その後は、Big Companyで働く。
(どこでも良かったんですが、どうせ経験するならBest of Bestで勝負したかったし、運よく米国5大バレエ団とも称されるHouston Ballet団の付属学校でS&Cとして勤務しました(いまもオファーがかかっていて就労ビザ待ちです笑))

米国で学んだことを母国日本で還元する。
(日本に帰って来てから、札幌・青森・福島・東京・千葉・茨城・新潟・愛知・大阪などでイベント企画、開催までさせて頂き、トレーナー界でも著名な方達ともコラボをして、トレーナー界だけでなく、医療界にも(未熟な私ではありますが)私の米国と日本で培った知識、技術をシェアさせて頂いております(現在進行形)。)

世界を跨いで活動する。
(これは今からですね☆)

世界を旅行しながら子育てをする。
(これも今からですね☆)

今までに出会ってきた人たちを「必ず」幸せにする。
(常に「現在進行形」で出会ってきた人たちの人生に何かしら関われて、良い距離感でサポート出来る様にいたいです♪)


「夢ノート」は「人生の設計図」

本当に、「夢ノート」は、自分を導いてくれるもの。

「人生の設計図」なのかもしれません☆


だから、これからも書き続けます♪

もっともっと、アキと出会った人を幸せにするために☆


あなたの人生の「The way」のために。

6919_normal_1451314145_ロゴTheWay 01


Enjoy your life,

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"



【何をするかで身体は決まる。そして、早起きは三文の徳。】

ストレングス&コンディショニングコーチの川﨑 章広です。

「やったことが身体になる」

私が大切にしていることの一つに、
「やったことが身体になる」ということです。

どういう意味かお分かりの方も多くいらっしゃると思います。

What you do is what you get!
「自分の行いが、自分を創る」


「食事」、「水分補給」、「睡眠」、「エクササイズ」、なんでもそうですが、自分の行いがそのまま身体に出ます。
だから、生活習慣がとても大切になってきます。

「腰痛」、「膝痛」、なんでもそう。

普段の生活から痛める原因があるのに、そこをみない。
見て見ぬ振りをする。

いつも行っていることが、あなたを創るんです。
だから、「痛み」があればそれは生活習慣やいつも行っていることを見直すことは当然大切になってきます。

そこに、自分で何か出来る事はないか、その提案をクラスにしてみました。
ご興味ある方、是非ご参加ください☆

朝活です☆
朝です、早いです!!!

でも、終わったらもう既に何かしたという達成感はあると思います☆
そして、セルフで出来る何かは、一生ものですから、一度は来て頂きたい学びの場です♪

Upcoming Events
あなたの人生の "THE way"のために


朝活in船橋☆『肩こり&姿勢改善』の為のセルフ・ボディ・メンテナンス方法の提案
Thursday, February 11, 2016 7:00 - 8:15

千葉県船橋市宮本2-4-6 トレゾア船橋2F Studio Body Make

12674811_10207647498173251_1195063155_o.jpg


朝活in船橋☆『膝痛&腰痛改善』の為のセルフ・ボディ・メンテナンス方法の提案
Thursday, February 11, 2016 8:30 - 9:45

千葉県船橋市宮本2-4-6 トレゾア船橋2F Studio Body Make

12656307_10207647498333255_1612658804_o.jpg

お申し込みは、こちら


川﨑 章広のホームページはこちら

今後のセミナー&イベント情報はこちら



Enjoy your life,

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"



【「自然治癒力」を生かす為に】

こんにちは!

ストレングス&コンディショニングコーチの川﨑 章広です!


今日は、

「自然治癒力」を生かす為にどうしたらよいのか

を解いていきます☆


回復するための能力=『自然治癒力』


私たちの身体は、風邪をひいた時、怪我をした時、

ウィルスへの抵抗能力や、

回復するための能力=『自然治癒力』が備わっています。


しかし現代の生活によって、

この自然治癒力が弱まっている人は多く、

疲れやすかったり、風邪をひきやすい、

そして治りずらかったり、

怪我や傷も治りにくいなどの状態が起こってきます。


その原因には、普段の生活の心理的ストレスや、

薬の大量摂取により、

自然治癒力の働く場所を奪ってしまったことがあります。


弱くなった自然治癒力が、

逆に異物に過剰反応した状態がアレルギーでもあります。


あなたの健康な生活に必要な自然治癒力。

その低下した自然治癒力を高めるためには、

「自律神経」を整えることも大切になってきます。


そのためにできることは、

自然とふれあい心のストレスを軽減させること、

生活リズムを整えることによってホルモンバランスや生命時計を整えること、などがあります。


そして、

特に自律神経が直接広がっている首、

背骨、胸郭、骨盤などの骨格(アラインメント)を整えることも、

内臓の働きを活発にすることができ、

改善に大きく繋がります。


自分を振り返ること

日々の生活習慣の中でどれほどまでご自身のお身体のことをお考えでしょうか?

「運動」すれば健康になれる、そう思いの方はとても多いと思います。

またそれがなかなか続かないから、

良い身体を維持できないと考える方もいるでしょう。

私は、「食事」や「睡眠」をしっかり取ることが出来れば、
「あなた」の身体はずっと健康で居られると信じております。



「運動」はプラスα(アルファ)でしかりませんし、実際にそうだと思います。

また、仕事で動いているから大丈夫と言う人も居るかもしれません。

さらには、「運動」と「労働」は違うという意見もあると思います。


でも良く考えていただきたいのは、

あなたは「身体」の為に、あなたは普段から何を行なっているか

ということです。


毎日、ジム行って「運動」しますか?

毎日、家の周りを「ランニング」しますか?


「毎日」でなくとも、なかなか続けることって難しいですよね?

でも、普段から出来る事。

普段から意識できること。


「いつも通り」ではなく、
そこに何かを加えること。


Success.png


なにか簡単に出来る事を加える。


それは、

「食事」と「睡眠」を意識すること

だと思います。


生活習慣の見直し

なぜなら、食べなくても、寝なくても、身体が持ちませんよね。

酷くなれば、極端に言えば、食べなければ餓死、

寝ずに働きすぎれば、過労死などに陥ってしまいますから。


「食事」を意識して、

「身体」の欲しているものを食べてあげることが出来れば、

顔の吹き出物で無いでしょうし、

身体の疲れの回復もはやくなるでしょう。



「睡眠」を意識して、

「身体」の欲しい分だけ取れていれば、

毎日スッキリして起きることができ、

脳みその回転も良くなるでしょう。


全ては、「身体」の健康のため。

「体細胞」が健康であるため。


そんなこと言っても、「仕事」や「やること」があってそうもいかない、

という方も多くいらっしゃると思います。


ちょっとしたことでいい

ちょっと立ち止まって考えてみてください。

「あなた」にとってなにがベストなのか。


そうです、「ちょっとしたこと」で身体は変われます。

「飲むもの」を変える、意識する。
・ ビール → ワインに変える
・ 普段から水を飲む量を意識する


「間食」を変える、意識する。
・ クッキーやチョコレート → アーモンドやナッツにする
・ お酒のおつまみを揚げ物 → あたりめ、枝豆ややっこに変える


もちろん、食べたい時に好きなものを食べることも大切。


そういう時は、

「Cheat meal (チーティングミール:ズルして良い食事)」として、
週に一回だけ何でも食べて良い日を作るんです。
 


そうすることによって、

日頃から「食」に対する意識も変わります。


「病気」や「ストレス」を感じて生きていることが、人生なのか。

それが、「あなた」にとって本当にやりたいこと、「幸せ」なのか。


「身体」の欲していることは何なのか。


まずは、

「あなた」が本当に欲しいものを知ること。

「あなた」が、人生で大切にしていること、ものを知ること。


New Year 2016

一緒に居てくれる人にずっと笑顔で幸せで居て欲しい。

それが私の最大の幸せです。


だから、

出会った全ての人を良い意味で巻き込んで幸せにしたい。


そのためにも、

まずは「健康」で自分自身が「幸せ」であること。


だから、メンタルを正常化するためにも大切なことは、

「食事」と「睡眠」なんです。


ここがなくて、何も始まらない。


だから、

「食事」を大切にして欲しい。

「睡眠」をしっかりととって欲しい。



身体の自然治癒力を高めるためにも、基本的なこと。

身体のシステムを正常化するために当たり前にしたいこと。

それが、「食事」と「睡眠」なんです。


身体が出来る事を最大限に活用すること。

身体のもっている力を最大限に使うために、

もっと己の身体を知ること。


知れば知るほど、

己の無知さに気が付き、精進しようと思う。


そこから、更に成長できるように。


身体の声を聞けるように、耳を傾けて生きて生きたい。

「自然治癒力」を生かす為に。



川﨑 章広のウェブサイトはこちら

今後のセミナー&イベント情報はこちら



Enjoy your life,

Akihiro Kawasaki


"Where there is a will, there is THE way!!"



Profile

Aki

Author:Aki
こんにちは、川﨑章広(かわさきあきひろ・通称AKI)です。

詳しいプロフィールはこちら

ストレングストレーニングをより効果的に行なう為のコンディショニングトレーニングの重要性もしっかり伝えることの出来る、ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチを目指すべく、本拠地NYで取得したヤムナ®ボディローリングの資格も持った、S&Cコーチです。

日本でパーソナルトレーナーとして活動後、単身アメリカへ留学。
アスレチックトレーニング、理学療法やストレングストレーニングを勉強している道中、ニューヨーク発祥のボールをつかったストレッチやローリング法「ヤムナボディーローリング」(YBR)と出会う。
アラバマ大学バーミングハム校(UAB)エクササイズサイエンス学科卒業。

身に付けた技術を武器に米国国内のアスリート、プロフィジーク&フィットネスモデルやプロバレエダンサーを中心に活動してます。

また、一時帰国中は日本国内のラグビーチーム、プロシューター、プロキックボクサー、芸能、シンガー(歌手)、モデルやバレエダンサーをも指導しながら、マッサージ、治療院やクリニックなどでのセミナー、講習会を指導者対象に行ってフィットネス業界、トレーナーの育成も積極的に行っている。

更に、『日本の健康寿命を延ばす』ために、自身のトレーニングも続け、新たな自重トレーニングの考案&プログラム作成にも日々力を注いでいる。

List of all posts

全記事リスト

Latest journals
Category
Tag Cloud

by TopNTagCloud
Welcome!!
Calender
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Search form
Mail Form

Name:
Email Address:
Subject:
Message: